京都府京都文化財団

京都文化博物館

京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
営業時間は店舗によって異なります。
詳しくはこちら→店舗のご案内

別館沿革

過去の上映

日本映画テレビ技術協会映像技術受賞作品上映会

日本映画テレビ技術協会映像技術受賞作品上映会
■ 会 期: 2017年2月10日(金)
■ 会 場:3F フィルムシアター

映画日本百景−大阪人情篇

映画日本百景−大阪人情篇
■ 会 期: 2017年1月9日(月) - 2017年2月5日(日)
■ 会 場:3Fフィルムシアター

京の匠を記録する2−文化映画特集

takumi_top
■ 会 期: 2017年1月4日(水) - 2017年1月8日(日)
■ 会 場:3Fフィルムシアター

【三宅邦子生誕100年記念小特集】戦前松竹大船映画とモダン女優

miyake_top
■ 会 期: 2016年12月13日(火) - 2016年12月27日(火)
■ 会 場:3階フィルムシアター

【実相寺昭雄没後10年/生誕80周年記念企画】
鬼才・実相寺昭雄 映像の世界−ウルトラマンから仏像まで−

【実相寺昭雄没後10年/生誕80周年記念企画】  鬼才・実相寺昭雄 映像の世界−ウルトラマンから仏像まで−
■ 会 期: 2016年12月6日(火) - 2016年12月11日(日)
■ 会 場:3階フィルムシアター

シネマの冒険 闇と音楽 2016 スウェーデン映画協会コレクション

sverige_top
■ 会 期: 2016年12月1日(木) - 2016年12月4日(日)
■ 会 場:3階フィルムシアター

京都の映画文化をアーカイヴする − 大映京都撮影所特集2

京都の映画文化をアーカイヴする − 大映京都撮影所特集2
■ 会 期: 2016年11月15日(火) - 2016年11月30日(水)
■ 会 場:3階フィルムシアター

【実相寺昭雄没後10年/生誕80周年記念企画】
鬼才・実相寺昭雄 映像の世界−ウルトラマンから仏像まで−

【実相寺昭雄没後10年/生誕80周年記念企画】  鬼才・実相寺昭雄 映像の世界−ウルトラマンから仏像まで−
■ 会 期: 2016年11月29日(火)
■ 会 場:3階フィルムシアター

【第19回京都国際学生映画祭 目前祭】 「格差」を捉えた学生映画

【第19回京都国際学生映画祭 目前祭】 「格差」を捉えた学生映画
■ 会 期: 2016年11月19日(土)
■ 会 場:3Fフィルムシアター
前回(第18回京都国際学生映画祭)の作品より、学生の視点で格差を描いた日本とドイツの2作品を選び上映。上映後、山元環監督のトークで学生映画に現れる社会性について考える。

第8回 京都ヒストリカ国際映画祭

historica2016
■ 会 期: 2016年11月2日(水) - 2016年11月13日(日)
■ 会 場:3F フィルムシアター
阪東妻三郎が太秦の地に撮影所を開いて以来90年、積み上げられた時代劇=歴史映画の資産は莫大なものです。しかし、いささかカビくさい。内容がマンネリ化し年配向けだったイメージを超え、現在の“歴史エンターテイメント”としてアップデートする視点を、創り手と観客が共有する場が、京都ヒストリカ国際映画祭です。 テロ・難民・英国のEU離脱・トランプ旋風。地域や民族のアイデンティティーを求める内向きの力が世界に頻出するなか、歴史映画も内向きと外向きに二極化しています。グローバル化の是非はともかく、映画にあっては内向きほどダメなものはありません。時代劇が全盛期から力を失っていったのも内向きが過ぎた故かもしれません。 私たちは歴史映画の持つパワーを信じています。決して歴史に閉じこもることなく、感動と驚きを運ぶ奔流のような歴史映画を。日常とまるっきりかけ離れた舞台での物語に没入し、感動してしまう不思議さ。そのマジックを存分に愉しんで下さい。
営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
飲食店は20時30分まで入店できます

別館沿革
ページの先頭へ