京都府京都文化財団

京都文化博物館

京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
営業時間は店舗によって異なります。
詳しくはこちら→店舗のご案内

別館沿革
店舗情報

上映スケジュール

フィルムシアターでは、毎月様々な切り口で特集企画を組み、映像文化を紹介します。通常は開館日に合わせて1日2回、京都府が所蔵する日本の古典・名作映画の上映を行っており、最新の映写機・音響機器を導入した快適な環境で鑑賞いただけます。シアター前のロビーでは、上映作品に関連する資料や解説パネル等の展示も行い、作品と合わせてお楽しみいただけます。

入場料:
一般500円 大学生400円 高校生以下無料(総合展示入場料で鑑賞できます。)
*20名以上は2割引 *特別展は別途料金必要 *催事により料金がかわる場合があります。

上映一覧

映画にのこる日本の精神風土 2

202110_nihonnoseishinfudo
■ 会 期: 2021年10月19日(火) - 2021年10月31日(日)
■ 会 場:3階 フィルムシアター


映画にのこる日本の精神風土 2

202110_nihonnoseishinfudo

お客様各位 (2021.9.29更新)

京都文化博物館フィルムシアターでの映画ご鑑賞に際しまして、下記のご協力をお願いいたします。

●感染防止のための入場方法、上映形態の変更

  • 密集・密接回避のため、席を間引き、シアターの定員を78名とします。
  • ※列の通路側にお座りお客様は、中央側のお客様が通路に出る際には、お互いの接触を避けるため、ご起立いただく等接触機会の減少に、ご協力をお願いします。

  • 適切な感染予防策を講じるため、フィルムシアターの夜の部の映画上映開始を10月中、平日、土日祝を問わず17:00〜とさせていただきます。
  • 必ずマスクをご着用ください。(ご協力いただけない場合、入場をお断りいたします)
  • 上映開始後の途中入場、立見は不可になります。
  • 皆様がなるべく扉やドアノブに直接触る必要が無いように、また、密閉回避のための換気の促進も含めフィルムシアターの扉の一部を解放して上映を行います。

●密集・密接、飛沫感染を避けるためのお願い

  • 入退場に、密集しないよう前後のお客様と充分(最小1mできるだけ2mを目安に)距離をおとりください。
  • 身体の不自由な方、お年を召した方の着席等につきましては、お互いにご配慮、ゆずり合いをお願いします。
  • 飛沫感染を避けるため、展示場内・シアター内での会話をできる限りお控えいただき、咳エチケット等に充分ご配慮ください。
  • シアター入場時には入口に設置の消毒液で手指をご消毒ください。

※上記の対策は、状況に応じて予告なく変更されることがあります

※緊急事態宣言で中断した特集の延期上映

10月19日(火)13:30〜・17:00〜、22日(金)13:30〜・17:00〜

『夫婦善哉』

『夫婦善哉』

1955年東宝(モノクロ・121分)/監督:豊田四郎/出演:森繁久彌、淡島千景、司葉子、浪花千栄子

10月20日(水)13:30〜・17:00〜、23日(土)13:30〜・17:00〜

『警察日記』

『警察日記』

1955年日活作品(モノクロ・111分)/監督:久松静児/出演:森繁久弥、伊藤雄之助、三國連太郎、宍戸錠

10月21日(木)13:30〜・17:00〜、24日(日)13:30〜・17:00〜

『裸の島』

『裸の島』

1960年近代映画協会作品(モノクロ・96分)/監督:新藤兼人/出演:乙羽信子、殿山泰司、田中伸二

10月26日(火)13:30〜・17:00〜、29日(金)13:30〜・17:00〜

『キューポラのある街』

『キューポラのある街』

1962年日活作品(モノクロ・99分)/監督:浦山桐郎/出演:吉永小百合、浜田光夫、東野英治郎

10月27日(水)13:30〜・17:00〜、30日(土)13:30〜・17:00〜

『古都』

『古都』

1963年松竹太秦作品(カラー・105分)/監督:中村登/出演:岩下志麻、宮口精二、中村芳子、長門裕之

10月28日(木)13:30〜・17:00〜、31日(日)13:30〜・17:00〜

『けんかえれじい』

『けんかえれじい』

1966年日活作品(モノクロ・86分)/監督:鈴木清順/出演:高橋英樹、浅野順子、川津祐介

別館沿革
店舗情報
ページの先頭へ