京都府京都文化財団

京都文化博物館

京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
営業時間は店舗によって異なります。
詳しくはこちら→店舗のご案内

別館沿革
店舗情報

上映スケジュール

フィルムシアターでは、毎月様々な切り口で特集企画を組み、映像文化を紹介します。通常は開館日に合わせて1日2回、京都府が所蔵する日本の古典・名作映画の上映を行っており、最新の映写機・音響機器を導入した快適な環境で鑑賞いただけます。シアター前のロビーでは、上映作品に関連する資料や解説パネル等の展示も行い、作品と合わせてお楽しみいただけます。

入場料:
一般500円 大学生400円 高校生以下無料(総合展示入場料で鑑賞できます。)
*20名以上は2割引 *特別展は別途料金必要 *催事により料金がかわる場合があります。

上映一覧

勅使河原宏監督特集

2022.01web_teshigawara
■ 会 期: 2022年1月4日(火) - 2022年1月21日(金)
■ 会 場:3階 フィルムシアター

第13回京都ヒストリカ国際映画祭

2022.01webhistorica_2
■ 会 期: 2022年1月22日(土) - 2022年1月30日(日)
■ 会 場:3階 フィルムシアター


勅使河原宏監督特集

2022.01web_teshigawara

お客様各位 (2021.11.2更新)

京都文化博物館フィルムシアターでの映画ご鑑賞に際しまして、下記のご協力をお願いいたaします。

●感染防止のための入場方法、上映形態の変更

  • 11/2よりシアターの収容率を100%に戻します。ただし、密集・密接を回避するため、できるだけ間をあけてお座りくださいますよう、ご協力お願い致します。
  • 必ずマスクをご着用ください。(ご協力いただけない場合、入場をお断りいたします)
  • 上映開始後の途中入場、立見につきましても、11/2より可とします。
  • 皆様がなるべく扉やドアノブに直接触る必要が無いように、また、密閉回避のための換気の促進も含めフィルムシアターの扉の一部を解放して上映を行います。

●密集・密接、飛沫感染を避けるためのお願い

  • 入退場に、密集しないよう前後のお客様と充分(最小1mできるだけ2mを目安に)距離をおとりください。
  • 身体の不自由な方、お年を召した方の着席等につきましては、お互いにご配慮、ゆずり合いをお願いします。
  • 飛沫感染を避けるため、展示場内・シアター内での会話をできる限りお控えいただき、咳エチケット等に充分ご配慮ください。
  • シアター入場時には入口に設置の消毒液で手指をご消毒ください。

※上記の対策は、状況に応じて予告なく変更されることがあります

1月4日(火)13:30~・18:30~、6日(木)13:30~・18:30~

『おとし穴』

1962年勅使河原プロ=ATG作品(モノクロ・97分)/監督:勅使河原宏/出演:井川比佐志、宮原一夫、田中邦衛

1月5日(水)13:30~・18:30~、7日(金)13:30~・18:30~

『砂の女』

『砂の女』

1964年勅使河原プロ作品(モノクロ・124分)/監督:勅使河原宏/出演:岡田英次、岸田今日子、三井弘次

1月18日(火)13:30~・18:30~、20日(木)13:30~・18:30~

『他人の顔』

『他人の顔』

1966年勅使河原プロ=東京映画作品(モノクロ・122分)/監督:勅使河原宏/出演:仲代達矢、入江美樹、京マチ子

1月19日(水)13:30~・18:30~、21日(金)13:30~・18:30~

『流血の記録 砂川』

1957年日本ドキュメント・フィルム(モノクロ・54分)/撮影:武井大、植松永吉、城所敏夫、勅使河原宏、大野快、亀井文夫

第13回京都ヒストリカ国際映画祭

2022.01webhistorica_2

お客様各位 (2021.11.2更新)

京都文化博物館フィルムシアターでの映画ご鑑賞に際しまして、下記のご協力をお願いいたaします。

●感染防止のための入場方法、上映形態の変更

  • 11/2よりシアターの収容率を100%に戻します。ただし、密集・密接を回避するため、できるだけ間をあけてお座りくださいますよう、ご協力お願い致します。
  • 必ずマスクをご着用ください。(ご協力いただけない場合、入場をお断りいたします)
  • 上映開始後の途中入場、立見につきましても、11/2より可とします。
  • 皆様がなるべく扉やドアノブに直接触る必要が無いように、また、密閉回避のための換気の促進も含めフィルムシアターの扉の一部を解放して上映を行います。

●密集・密接、飛沫感染を避けるためのお願い

  • 入退場に、密集しないよう前後のお客様と充分(最小1mできるだけ2mを目安に)距離をおとりください。
  • 身体の不自由な方、お年を召した方の着席等につきましては、お互いにご配慮、ゆずり合いをお願いします。
  • 飛沫感染を避けるため、展示場内・シアター内での会話をできる限りお控えいただき、咳エチケット等に充分ご配慮ください。
  • シアター入場時には入口に設置の消毒液で手指をご消毒ください。

※上記の対策は、状況に応じて予告なく変更されることがあります

主催:
(京都府、京都文化博物館、東映株式会社京都撮影所、株式会社松竹撮影所、株式会社東映京都スタジオ、巌本金属株式会社、株式会社ディレクターズ・ユニブ、立命館大学)
共催:
KYOTO CMEX実行委員会
協賛:
株式会社テスパック/三井ガーデンホテル京都四条/とよす株式会社
協力:
京都クロスメディア推進戦略拠点/イタリア文化会館‐大阪/ヴェネチア・ビエンナーレ – ビエンナーレ・カレッジ・シネマ、チネテカ・ディ・ボローニャ
後援:
一般社団法人日本映画製作者連盟/一般社団法人外国映画輸入配給協会/一般社団法人日本映画テレビ技術協会
助成:
芸術文化振興基金

チケット情報:

<ヒストリカ・スペシャル『るろうに剣心』全5作品一挙上映>
前売り(5作品パック+ヒストリカグッズ付き):6,000円
当日券(1作品):1,300円
*5作品パックは、前売販売のみ。上映当日の販売はございません*
*12/25からの前売販売は座席数を限定した販売枚数となります。追加販売の判断は1/8日頃の新型コロナウイルス感染拡大状況により行う予定です。
*前売りが座席数全て完売した場合は、当日券は販売いたしません。

前売チケット販売期間と方法:12月25日(土)〜1月21日(金) チケットぴあにて販売
チケットぴあ[Pコード:468-120]
チケットぴあ電話予約:0570-02-9999
チケットぴあインターネット:https://t.pia.jp/
店頭販売:セブンイレブンのみ
チケットぴあのヒストリカのチケット情報:https://w.pia.jp/t/historica-kyoto/

<ヒストリカ・フォーカス>
当日のみ:1,000円/1作品
*前売販売はございません*

<上記以外の作品チケット(『るろうに剣心』シリーズとヒストリカ・フォーカス以外の作品)>
当日のみ:1,300円/1作品
*前売販売はございません*

<京都映画企画市連携企画『水虎』上映会>
無料・事前申込制
申込フォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScFDGb6yhxs6xfvobbr-zLkqNfGMFs1gVw9HpI8tm-mLNhmWA/viewform

★当日券は映画祭期間中、京都文化博物館3F映画祭受付にて販売(各日10時~19時)。各日の前売り券の販売はございません。

問い合わせ先:京都ヒストリカ国際映画祭事務局(平日10:00-17:00)
TEL:075-222-5523 FAX:075-222-5526 MAIL:info@historica-kyoto.com
WEB:https://historica-kyoto.com/
facebook:https://www.facebook.com/KHIFF

1月22日(土)
 10:45〜

『柳』<ヒストリカ・ワールド> オンライン上映あり

『柳』

2019年北マケドニア共和国(カラー・101分)/監督:ミルチョ・マンチェフスキ/出演:ラ・クリモスカ、ナタリア・テオドシエワ、カムカ・トシノフスキ
*アフタートークを予定(オンライン)ゲスト:ミルチョ・マンチェフスキ監督/聞き手:アンドリヤナ・ツヴェトコビッチ(元駐日マケドニア共和国大使)

 15:00〜

『オシュラガ 魂の地』<ヒストリカ・ワールド> オンライン上映あり

『オシュラガ 魂の地』
©MAX FILMS (HTA) INC., 2017 Tous droits réservés

2017年カナダ(カラー・100分)/監督:フランソワ・ジラール/出演:サミアン、ヴァンサン・ぺレーズ、ラオール・トゥルヒロ、ワヤヒロン・ジルベール
*ビデオメッセージ:フランソワ・ジラール(監督)
*上映後解説:久山友紀(ケベック州政府在日事務所 文化・公的機関担当官)

 18:00〜

『すべての月の夜』<ヒストリカ・ワールド> オンライン上映あり

『すべての月の夜』

2021年スぺイン・フランス(カラー・102分)/監督:ゴール・レガレッタ/出演:イセア・カルネロス、ホセアン・ベンゴエチェア、イツィアル・イトゥーニョ

1月23日(日)
10:30〜<連携企画>「京都映画企画市」優秀映画企画上映会

『水虎』

『水虎』
© 京都映画企画市2020・金子雅和

2021年日本(カラー・3分)/監督:金子雅和
*アフタートークを予定 ゲスト:金子雅和(映画監督)、部谷京子(美術)

『酢と油』(熊谷まどか監督)の上映もございます。
※注意事項※
当上映のみ入場無料です(ただし事前登録制)。以下のURLよりお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScFDGb6yhxs6xfvobbr-zLkqNfGMFs1gVw9HpI8tm-mLNhmWA/viewform

 12:30〜

『女帝 春日局』<ヒストリカ・フォーカス> オンライン上映あり

『女帝 春日局』
©東映

1990年東映京都(カラー・114分)/監督:中島貞夫/出演:十朱幸代、名取裕子、若山富三郎
*アフタートークを予定 ゲスト:中島貞夫(映画監督)、谷慶子(脚本家・スクリプター)/聞き手:高橋剣(本映画祭プログラムディレクター)

 16:10〜

『インフェルノ』<連携企画> オンライン上映あり

『インフェルノ』
© Cineteca di Bologna

1911年イタリア(無声・モノクロ・68分)/ピアノ伴奏付/監督:フランチェスコ・バルトリーニ、ジュゼッペ・デ・リグォーロ、アドルフォ・パドヴァン/出演:サルヴァトーレ・ パパ、アルトゥーロ・ピロバーノ、ジュゼッペ・デ・リグオロ・キャッチ
*ピアノ伴奏:鳥飼りょう
*チネテカ・ディ・ボローニャ担当よりビデオ解説あり

 18:30〜

『放蕩息子』<ヒストリカ・ワールド> オンライン上映あり

『放蕩息子』
©«YELLOW, BLACK AND WHITE» JSC, 2019. © «MEM MEDIA» LLC, 2019. © «GPM KIT» LLC, 2019.

2019年ロシア(カラー・109分)/監督:クリム・シぺンコ/出演:ミロス・ビコービック、アレクサンドラ・ボルティチ、イヴァン・オフロビスティン

1月25日(火)
 11:00〜

『華の乱』<ヒストリカ・フォーカス> オンライン上映あり

『華の乱』
©東映

1988年東映京都作品(カラー・139分)/監督:深作欣二/出演:吉永小百合、松田優作、池上季実子、緒形拳

14:30〜

『蒲田行進曲』<ヒストリカ・フォーカス>

『蒲田行進曲』
©1982 松竹株式会社

1982年松竹京都作品(カラー・109分)/監督:深作欣二/出演:松坂慶子、風間杜夫、平田満
*アフタートークを予定 ゲスト:平田満(俳優)/聞き手:西尾孔志(本映画祭企画ディレクター)、伊藤弘了(映画研究者、批評家)

18:00〜

『戦場のエルナ』<ヒストリカ・ワールド> オンライン上映あり

『戦場のエルナ』
©2020 NIMBUS FILM – NAFTA FILMS – ENTRE CHIEN ET LOUP

2020年デンマーク・エストニア・ベルギー(カラー・100分)/監督:ヘンリク・ルーベン・ゲンツ/出演:トリーヌ・ディルホム、ウルリク・トムセン、アナス・ベアテルセン

1月26日(水)
 11:00〜

『女渡世人 おたの申します』<ヒストリカ・フォーカス>

『女渡世人 おたの申します』
©東映

1971年東映京都作品(カラー・103分)/監督:山下耕作/出演:藤純子、島田正吾、三益愛子、待田京介、遠藤辰雄、金子信雄、菅原文太

14:30〜

『鬼龍院花子の生涯』<ヒストリカ・フォーカス>

『鬼龍院花子の生涯』
©東映

1982年東映京都作品(カラー・146分)/監督:五社英雄/出演:仲代達矢、岩下志麻、夏目雅子
*アフタートークを予定 ゲスト:三島有紀子(映画監督)/聞き手:高橋剣、西尾孔志

18:30〜

『小さな聖女』<連携企画> オンライン上映あり

『小さな聖女』
©Rain Dogs

2021年イタリア(カラー・97分)/監督:シルヴィア・ブルネッリ/出演:フランチェスコ・ペッレグリーノ、ヴィンチェンツォ・アントヌッチ、ソフィア・グアスタフェッロ
*ビデオメッセージ:シルヴィア・ブルネッリ(監督)

1月27日(木)
 11:00〜

『ひばり・チエミのおしどり千両傘』

『ひばり・チエミのおしどり千両傘』
©東映

1963年東映京都作品(カラー・86分)/監督:沢島忠/出演:美空ひばり、江利チエミ、水原弘
*アフタートークを予定 ゲスト:ミルクマン斉藤/聞き手:西尾孔志、伊藤弘了

14:00〜

『祇園祭』<ヒストリカ・フォーカス>

『祇園祭』
©東映

1968年日本映画復興協会作品(カラー・167分)/監督:山内鉄也/出演:中村錦之助、田村高廣、三船敏郎、岩下志麻、志村喬、渥美清、美空ひばり、高倉健、田中邦衛
*アフタートークを予定 ゲスト:入江悠(映画監督)/聞き手:西尾孔志、伊藤弘了

18:30〜

『お染久松 そよ風日傘』<ヒストリカ・フォーカス>オンライン上映あり

『お染久松 そよ風日傘』
©東映

1959年東映京都作品(カラー・91分)/監督:沢島忠/出演:美空ひばり、里見浩太朗、田中春男、浪花千栄子、杉狂児
*アフタートークを予定 ゲスト:木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)/聞き手:西尾孔志、伊藤弘了

1月28日(金)
 11:00〜

『おしどり駕篭』<ヒストリカ・フォーカス>オンライン上映あり

『おしどり駕篭』
©東映

1958年東映京都作品(カラー・86分)/監督:マキノ雅弘/出演:中村錦之助、美空ひばり、中村嘉葎雄、中原ひとみ

13:30〜

『冷飯とおさんとちゃん』<ヒストリカ・フォーカス>オンライン上映あり

『冷飯とおさんとちゃん』
©東映

1965年東映京都作品(カラー・178分)/監督:田坂具隆/出演:中村錦之助、三田佳子、千秋実、新珠三千代、大坂志郎、渡辺美佐子、木暮実千代
*アフタートークを予定 ゲスト:部谷京子(美術監督)/聞き手:西尾孔志、伊藤弘了

18:00〜

『AGANAI』<連携企画>

『AGANAI』
©2020 Good People Inc.

2020年Good People作品(カラー・114分)/監督:さかはらあつし/出演:荒木浩、阪原武司、阪原多嘉子、さかはらあつし
*アフタートークを予定(オンライン)ゲスト:さかはらあつし(映画監督)

1月29日(土)
 11:00〜

『Delicieux』<ヒストリカ・ワールド>

『Delicieux』
©2020 NORD-OUEST FILMS―SND GROUE M6ーFRANCE 3 CINÉMA―AUVERGNE-RHôNE-ALPES CINÉMA―ALTÉMIS PRODUCTIONS

2020年フランス・ベルギー(カラー・112分)/監督:エリック・ベナール/出演:グレゴリー・ガドゥボワ、イザベル・カレ、バンジャマン・ラベルネ
*アフタートークを予定 ゲスト:英月(大行寺住職・映画コラムニスト)、小山明美(コンシェルジュ)

14:30〜

『るろうに剣心』<ヒストリカ・スペシャル>

『るろうに剣心』
©和月伸宏/集英社 ©2012「るろうに剣心」製作委員会

2012年「るろうに剣心」製作委員会作品(カラー・134分)/監督:大友啓史/出演:佐藤健、武井咲、吉川晃司、江口洋介、香川照之

17:30〜

『るろうに剣心 京都大火編』<ヒストリカ・スペシャル>

『るろうに剣心 京都大火編』
©和月伸宏/集英社 ©2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

2014年「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会(カラー・139分)/監督:大友啓史/出演:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、江口洋介、藤原竜也
*アフタートークを予定 ゲスト:大友啓史(映画監督)、橋本創(美術監督)、福島聡司(プロデューサー)/聞き手:飯星景子(作家・タレント)

1月30日(日)
 10:40〜

『るろうに剣心 伝説の最期編』<ヒストリカ・スペシャル>

『るろうに剣心 伝説の最期編』
©和月伸宏/集英社 ©2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

2014年「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会(カラー・135分)/監督:大友啓史/出演:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、江口洋介、藤原竜也

14:30〜

『るろうに剣心 最終章 The Final』<ヒストリカ・スペシャル>

『るろうに剣心 最終章 The Final』
©和月伸宏/集英社 ©2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会

2021年映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会(カラー・138分)/監督:大友啓史/出演:佐藤健、武井咲、新田真剣佑、有村架純、江口洋介

17:30〜

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』<ヒストリカ・スペシャル>

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』
©和月伸宏/集英社 ©2020映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会

2021年映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会(カラー・137分)/監督:大友啓史/出演:佐藤健、有村架純、高橋一生、北村一輝、江口洋介
*アフタートークを予定 ゲスト:大友啓史(映画監督)、大石学(時代考証)/聞き手:飯星景子(作家・タレント)

別館沿革
店舗情報
ページの先頭へ