京都府京都文化財団

京都文化博物館

京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
営業時間は店舗によって異なります。
詳しくはこちら→店舗のご案内

別館沿革
店舗情報

上映スケジュール

フィルムシアターでは、毎月様々な切り口で特集企画を組み、映像文化を紹介します。通常は開館日に合わせて1日2回、京都府が所蔵する日本の古典・名作映画の上映を行っており、最新の映写機・音響機器を導入した快適な環境で鑑賞いただけます。シアター前のロビーでは、上映作品に関連する資料や解説パネル等の展示も行い、作品と合わせてお楽しみいただけます。

入場料:
一般500円 大学生400円 高校生以下無料(総合展示入場料で鑑賞できます。)
*20名以上は2割引 *特別展は別途料金必要 *催事により料金がかわる場合があります。

上映一覧

【鈴木敏夫とジブリ展 関連映画上映】
 みんな映画が好きだった、僕も。- 京都府所蔵映画作品より鈴木敏夫セレクション -

suzukitoshio_ghibli_02
■ 会 期: 2022年4月23日(土) - 2022年6月19日(日)
■ 会 場:3階 フィルムシアター


【鈴木敏夫とジブリ展 関連映画上映】
 みんな映画が好きだった、僕も。- 京都府所蔵映画作品より鈴木敏夫セレクション -

suzukitoshio_ghibli_02

お客様各位 (2021.11.2更新)

京都文化博物館フィルムシアターでの映画ご鑑賞に際しまして、下記のご協力をお願いいたします。

●感染防止のための入場方法、上映形態の変更

  • 11/2よりシアターの収容率を100%に戻します。ただし、密集・密接を回避するため、できるだけ間をあけてお座りくださいますよう、ご協力お願い致します。
  • 必ずマスクをご着用ください。(ご協力いただけない場合、入場をお断りいたします)
  • 上映開始後の途中入場、立見につきましても、11/2より可とします。
  • 皆様がなるべく扉やドアノブに直接触る必要が無いように、また、密閉回避のための換気の促進も含めフィルムシアターの扉の一部を解放して上映を行います。

●密集・密接、飛沫感染を避けるためのお願い

  • 入退場に、密集しないよう前後のお客様と充分(最小1mできるだけ2mを目安に)距離をおとりください。
  • 身体の不自由な方、お年を召した方の着席等につきましては、お互いにご配慮、ゆずり合いをお願いします。
  • 飛沫感染を避けるため、展示場内・シアター内での会話をできる限りお控えいただき、咳エチケット等に充分ご配慮ください。
  • シアター入場時には入口に設置の消毒液で手指をご消毒ください。

※上記の対策は、状況に応じて予告なく変更されることがあります


スタジオジブリのプロデューサーとして数々の名作を生み出してきた鈴木敏夫。その作品づくりの核心に迫る「鈴木敏夫とジブリ展」の本館での開催にあわせ、京都府所蔵映画フィルムより、自らの人間形成に影響を与えた作品、そして次世代のものづくりの担い手に見てもらいたい作品など鈴木敏夫が選んだ31本を企画上映します。


<特別上映イベント>

5月13日(金)18:00〜

『千と千尋の神隠し』

徳間書店=スタジオジブリ=日本テレビ=電通=ディズニー=東北新社=三菱商事
作品/カラー125分/監督:宮崎駿/声の出演:柊瑠美、入野自由、夏木マリ

※要事前申込
※当選通知メールの提示と、「鈴木敏夫とジブリ展」の入場券もしくは半券提示が必要
※申込等詳細は「鈴木敏夫とジブリ展」公式HPでお知らせいたします。
公式HP:https://suzukitoshio-ghibli.com/kyoto/



<プレ上映+スペシャルトーク>

4月22日(金)17:00〜

『座頭市物語』

『座頭市物語』

1962年大映京都作品(モノクロ・96分)/監督:三隅研次/
出演:勝新太郎、万里昌代、天知茂
※トーク:鈴木敏夫、川上量生 司会:依田謙一

4月23日(土)13:30〜・17:00〜、25日(月)13:30〜・18:30〜

『人情紙風船』

『人情紙風船』

1937年前進座・東宝(モノクロ・86分)/監督:山中貞雄/
出演:河原崎長十郎、中村翫右衛門、山岸しづ江

4月24日(日)13:30〜・17:00〜、26日(火)13:30〜・18:30〜

『生まれてはみたけれど』

『生まれてはみたけれど』

1932年松竹蒲田(モノクロ・無声・120分)/監督:小津安二郎/
出演:斎藤達雄、吉川満子、突貫小僧

4月27日(水)13:30〜・18:30〜、29日(金・祝)13:30〜・17:00〜

『風の中の子供』

1937年松竹大船作品(モノクロ・86分)/監督:清水宏/
出演:河村黎吉、吉川満子、葉山正雄、爆弾小僧

4月28日(木)13:30〜・18:30〜、30日(土)13:30〜・17:00〜

『無法松の一生』

『無法松の一生』

1943年大映京都作品(モノクロ・83分)/監督:稲垣浩/
出演:阪東妻三郎、園井恵子、沢村アキオ

5月1日(日)13:30〜・17:00〜、6日(金)13:30〜・18:30〜

『素晴らしき日曜日』

『素晴らしき日曜日』

1947年東宝作品(モノクロ・109分)/監督:黒澤明/
出演:沼崎勲、中北千枝子、渡辺篤

5月2日(月)13:30〜・18:30〜、4日(水・祝)13:30〜・17:00〜

『西鶴一代女』

『西鶴一代女』

1952年新東宝=児井プロ(モノクロ・136分)/監督:溝口健二/
出演:田中絹代、三船敏郎、沢村貞子

5月3日(火・祝)13:30〜・17:00〜

『野菊の如き君なりき』

『野菊の如き君なりき』

1955年松竹大船作品(モノクロ・92分)/監督:木下恵介/
出演:有田紀子、田中晋二、笠智衆

5月5日(木・祝)13:30〜・17:00〜

『夫婦善哉』

『夫婦善哉』

1955年東宝作品(モノクロ・120分)/監督:豊田四郎/
出演:森繁久彌、淡島千景、司葉子、浪花千栄子

5月7日(土)13:30〜・17:00〜

『浮雲』

『浮雲』

1955年東宝作品(モノクロ・123分)/監督:成瀬巳喜男/
出演:高峰秀子、森雅之、岡田茉莉子

5月8日(日)13:30〜、10日(火)13:30〜

『陽のあたる坂道』

『陽のあたる坂道』

1958年日活作品(モノクロ・209分)/監督:田坂具隆/
出演:北原三枝、石原裕次郎、川地民夫、山根寿子

5月11日(水)13:30〜・18:30〜、13日(金)13:30〜のみ

『愛と希望の街』

『愛と希望の街』

1959年松竹大船作品(モノクロ・62分)/監督:大島渚/
出演:藤川弘志、富永ユキ、渡辺文雄

5月12日(木)13:30〜・18:30〜、15日(日)13:30〜・17:00〜

『にあんちゃん』

『にあんちゃん』

1959年日活作品(モノクロ・101分)/監督:今村昌平/
出演:長門裕之、吉行和子、二谷英明、小沢昭一

5月14日(土)13:30〜・17:00〜、17日(火)13:30〜・18:30〜

『妖刀物語 花の吉原百人斬り』

『妖刀物語 花の吉原百人斬り』

1960年東映京都作品(カラー・109分)/監督:内田吐夢/
出演:片岡千恵蔵、水谷良重、木村功

5月18日(水)13:30〜・18:30〜、20日(金)13:30〜・18:30〜

『ぼんち』

『ぼんち』

1960(昭和35)年大映京都作品(カラー・104分)/監督:市川崑/
出演:市川雷蔵、若尾文子、京マチ子

5月19日(木)13:30〜・18:30〜、21日(土)13:30〜・17:00〜

『雁の寺』

『雁の寺』

1962年大映京都作品(パートカラー・98分)/監督:川島雄三/
出演:若尾文子、三島雅夫、中村鴈治郎

5月22日(日)13:30〜・17:00〜

『切腹』

『切腹』

1962年松竹京都作品(モノクロ・133分)/監督:小林正樹/
出演:仲代達矢、石浜朗、岩下志麻、丹波哲郎

5月24日(火)13:30〜・18:30〜、26日(木)13:30〜・18:30〜

『忍びの者』

『忍びの者』

1962年大映京都作品(モノクロ・104分)/監督:山本薩夫/
出演:市川雷蔵、藤村志保、岸田今日子

5月25日(水)13:30〜・18:30〜

『瞼の母』

『瞼の母』

1962年東映京都作品(カラー・83分)/監督:加藤泰/
出演:中村錦之助、松方弘樹、木暮実千代

5月27日(金)13:30〜・18:30〜

『座頭市物語』

『座頭市物語』

1962年大映京都作品(モノクロ・96分)/監督:三隅研次/
出演:勝新太郎、万里昌代、天知茂

5月28日(土)13:30〜・17:00〜

『関の弥太っぺ』

『関の弥太っぺ』

1963年東映京都作品(カラー・89分)/監督:山下耕作/
出演:中村錦之助、十朱幸代、木村功

5月29日(日)13:30〜・17:00〜、31日(火)13:30〜・18:30〜

『非行少女』

『非行少女』

1963年日活作品(モノクロ・114分)/監督:浦山桐郎/
出演:和泉雅子、浜田光夫、香月美奈子

6月1日(水)13:30〜・18:30〜

『燃えよ剣』

『燃えよ剣』

1966年松竹京都作品(モノクロ・90分)/監督:市村泰一/
出演:栗塚旭、和崎俊也、内田良平

6月2日(木)13:30〜・18:30〜、4日(土)13:30〜・17:00〜

『けんかえれじい』

『けんかえれじい』

1966年日活作品(モノクロ・86分)/監督:鈴木清順/
出演:高橋英樹、浅野順子、川津祐介

6月3日(金)13:30〜・18:30〜、5日(日)13:30〜・17:00〜

『肉弾』

1968年肉弾をつくる会・ATG(モノクロ・116分)/監督:岡本喜八/
出演:寺田農、大谷直子、伊藤雄之助

6月7日(火)13:30〜・18:30〜、10日(金)13:30〜・18:30〜

『男はつらいよ』

『男はつらいよ』

1969年松竹大船作品(カラー・91分)/監督:山田洋次/
出演:渥美清、倍賞千恵子、笠智衆、前田吟

6月8日(水)13:30〜・18:30〜

『仁義なき戦い』

『仁義なき戦い』

1973年東映京都(カラー・99分)/監督:深作欣二/
出演:菅原文太、松方弘樹、金子信雄

6月9日(木)13:30〜・18:30〜、11日(土)13:30〜・17:00〜

『サンダカン八番娼館 望郷』

『サンダカン八番娼館 望郷』

1974年東宝=俳優座映画放送(カラー・121分)/監督:熊井啓/
出演:栗原小巻、田中絹代、高橋洋子

6月12日(日)13:30〜・17:00〜、14日(火)13:30〜・18:30〜

『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』

『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』

1975年近代映画協会作品(カラー・150分)/監督:新藤兼人/
出演:伊藤大輔、依田義賢、京マチ子

6月15日(水)13:30〜・18:30〜、18日(土)13:30〜・17:00〜

『大地の子守歌』

『大地の子守歌』

1976年行動社=木村プロ(カラー・111分)/監督:増村保造/
出演:原田美枝子、岡田英次、田中絹代

6月16日(木)13:30〜・18:30〜

『はなれ瞽女おりん』

『はなれ瞽女おりん』

1977年表現社作品(カラー・118分)/監督:篠田正浩/
出演:岩下志麻、原田芳雄、奈良岡朋子

6月17日(金)13:30〜・18:30〜、19日(日)13:30〜・17:00〜

『泥の河』

『泥の河』

1981年木村プロダクション(モノクロ・105分)/監督:小栗康平/
出演:田村高廣、加賀まり子、藤田弓子

別館沿革
店舗情報
ページの先頭へ