本日の予定

6/18

開館

  • x
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    画家・井澤元一と京都1

    Date

    2021.12.4(土) 〜 2022.2.6(日)

    会場: 2階総合展示室

     井澤元一(1909-1998)は、京都市下京区にある木綿問屋の長男として生まれました。小学生の頃から油絵を描き始めた井澤は、画家の里見勝蔵や須田國太郎に師事し影響を受けながら、自己の絵画を模索し続けます。
     京都に生まれ育った井澤がその後半生の重要なテーマとして選んだのは、京都の風景や祭礼でした。祇園祭を描いた《鉾》(1957年)を契機として、葵祭や時代祭、鞍馬の火祭やずいき祭、牛祭といった祭礼のほか、神社仏閣や洋風建築物など、京都に関連したモチーフへと傾斜していきます。それはまた、失われつつある日常の風景や土俗的精神を、井澤の筆を通して記録することでもありました。
     本展では、初期から晩年までの絵画作品や資料を通して、京都をモチーフに描き続けた画家・井澤元一の軌跡を振り返ります。「京都人は、京都の風物を描くのに、なぜか抵抗を感じる」と述べた井澤の描く京都は、特定の時間や空間を超え、文化を紡ぐ人々の熱気と体臭、伝承が育む力を伝えます。

    基本情報

    会期
    2021年12月4日(土) – 2022年2月6日(日)
    休館日
    月曜日、12月27日〜1月3日、1月11日(10日は開館)
    会場
    京都文化博物館 2階総合展示室「京のまつり」
    開室時間
    10:00~19:30(入場は19:00まで)
    入場料
    一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
    ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※総合展示(2階)とフィルムシアター(3階)をご覧いただけます(フィルムシアターは催事により有料の場合があります)。
    ※新型コロナウィルス感染症の今後の状況により、予定を変更する場合もございますのでご了承ください。
    主催
    京都府、京都文化博物館
    協力
    ギャルリー宮脇

    主な展示作品

    井澤元一《画室》1934年、ギャルリー宮脇蔵
    井澤元一《画室》1934年、ギャルリー宮脇蔵



    井澤元一《鉾》1957年、ギャルリー宮脇蔵
    井澤元一《鉾》1957年、ギャルリー宮脇蔵



    井澤元一《三十三間堂 南大門》1975年、京都府蔵(京都文化博物館管理)
    井澤元一《三十三間堂 南大門》1975年、京都府蔵(京都文化博物館管理)



    井澤元一《広隆寺 太秦牛祭》1980年、京都府蔵(京都文化博物館管理)
    井澤元一《広隆寺 太秦牛祭》1980年、京都府蔵(京都文化博物館管理)



    井澤元一《やすらい祭り》1983年、ギャルリー宮脇蔵
    井澤元一《やすらい祭り》1983年、ギャルリー宮脇蔵

    主な出品リスト

    「画家・井澤元一と京都1」主な出品リストはこちら

    Event/イベント

    学芸員によるギャラリー・トーク

    日時:2021年12月17日(金)、2022年1月7日(金)

    ※各日とも14:00から「近代文化人ネットワーク―太田喜二郎の周辺―」のギャラリートークと合わせて1時間程度、展示室内にて行います。
    ※事前申込不要、当日の入場者に限ります。
    ※新型コロナウイルス感染予防のため変更する場合があります。

    「近代文化人ネットワーク―太田喜二郎の周辺―」

    過去の展示一覧へ戻る