京都府京都文化財団

京都文化博物館

京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
営業時間は店舗によって異なります。
詳しくはこちら→店舗のご案内

別館沿革

上映スケジュール

フィルムシアターでは、毎月様々な切り口で特集企画を組み、映像文化を紹介します。通常は開館日に合わせて1日2回、京都府が所蔵する日本の古典・名作映画の上映を行っており、最新の映写機・音響機器を導入した快適な環境で鑑賞いただけます。シアター前のロビーでは、上映作品に関連する資料や解説パネル等の展示も行い、作品と合わせてお楽しみいただけます。

入場料:
一般500円 大学生400円 高校生以下無料(総合展示入場料で鑑賞できます。)
*20名以上は2割引 *特別展は別途料金必要 *催事により料金がかわる場合があります。

上映一覧

【日本映画120年記念企画】 古典・名作映画ノススメ 2

2017
■ 会 期: 2017年3月7日(火) - 2017年4月2日(日)
■ 会 場:3F フィルムシアター

【戦国時代展特別上映企画】戦国の夢追い人たち

【戦国時代展特別上映企画】戦国の夢追い人たち
■ 会 期: 2017年4月4日(火) - 2017年4月16日(日)
■ 会 場:3F フィルムシアター

【日本映画120年記念企画】 古典・名作映画ノススメ 3

【日本映画120年記念企画】 古典・名作映画ノススメ 3
■ 会 期: 2017年4月18日(火) - 2017年4月30日(日)
■ 会 場:3F フィルムシアター


【日本映画120年記念企画】 古典・名作映画ノススメ 2

2017

 シネマトグラフがわが国に上陸し、京都電燈(旧・立誠小学校跡地)で試写されたのが1897年1月末の雪の降る夜でした。それから120年、大衆に愛された映画は文化・産業として確立し、多くの名作、秀作を生み出してきました。
 今回の特集では、京都府のフィルム・コレクションの中から、かつて日本のハリウッドと呼ばれた京都の作品を中心に、もう一度観直したい古典・名作、記念すべき100作品を選び特集します。3月は戦前期の古典・名作を上映します。

3月7日(火)13:30~・18:30~
10日(金)13:30~・18:30~

『淑女は何を忘れたか』

1937年松竹大船作品(モノクロ・72分)
監督:小津安二郎
出演:栗島すみ子、斎藤達雄、桑野通子

3月8日(水)13:30~・18:30~
11日(土)13:30~・17:00~

『エノケンのちゃっきり金太』

1937年東宝・P.C.L.作品(モノクロ・72分)
監督:山本嘉次郎
出演:榎本健一、中村是好、二村定一、如月寛太

3月9日(木)13:30~・18:30~
12日(日)13:30~・17:00~

『人情紙風船』

1937年東宝・P.C.L.・前進座作品(モノクロ・86分)
監督:山中貞雄
出演:河原崎長十郎、中村翫右衛門、山岸しづ江

3月14日(火)13:30~・18:30~
17日(金)13:30~・18:30~

『風の中の子供』

1937年松竹大船作品(モノクロ・86分)
監督:清水宏
出演:河村黎吉、吉川満子、葉山正雄、爆弾小僧

3月15日(水)13:30~・18:30~
18日(土)13:30~・17:00~

『有馬猫』

1937年新興京都作品(モノクロ・52分)
監督:木藤茂
出演:鈴木澄子、歌川絹枝、森靜子

3月16日(木)13:30~・18:30~
19日(日)13:30~・17:00~

『鶴八鶴次郎』

1938年東宝作品(モノクロ・88分)
監督:成瀬巳喜男
出演:長谷川一夫、山田五十鈴

3月20日(月・祝)13:30~・17:00~
24日(金)13:30~・18:30~

『花ちりぬ』

1938年東宝京都(モノクロ・75分)
監督:石田民三
出演:花井蘭子、水上怜子、三條利喜江

3月22日(水)13:30~・18:30~
25日(土)13:30~・17:00~

『綴方教室』

1938年東宝作品(モノクロ・87分)
監督:山本嘉次郎
出演:高峰秀子、徳川夢声、清川虹子

3月23日(木)13:30~・18:30~
26日(日)13:30~・17:00~

『藤十郎の戀』

1938年東宝作品(モノクロ・96分)
監督:山本嘉次郎
出演:長谷川一夫、入江たか子、藤原釜足

3月28日(火)13:30~・18:30~
31日(金)13:30~・18:30~

『鞍馬天狗 角兵衛獅子の巻』

1938年日活太秦(モノクロ・52分)
監督:マキノ正博
出演:嵐寛寿郎、原健作、瀬川路三郎

3月29日(水)13:30~・18:30~
4月 1日(土)13:30~・17:00~

『五人の斥候兵』

1938年日活多摩川作品(モノクロ・71分)
監督:田坂具隆
出演:小杉勇、見明凡太郎、伊沢一郎

3月30日(木)13:30~・18:30~
4月 2日(日)13:30~・17:00~

『残菊物語』

1939年松竹下加茂作品(モノクロ・143分)
監督:溝口健二
出演:花柳章太郎、森赫子、高田浩吉

【戦国時代展特別上映企画】戦国の夢追い人たち

【戦国時代展特別上映企画】戦国の夢追い人たち

当館で開催中の「戦国時代展」にあわせ、戦に夢を追う人、夢破れる人、戦で人の道を外れる人と取り戻す人、そして戦をユーモアで回避しようとする人まで、戦国乱世の人々の生き様を描いた作品を特集上映します。

4月4日(火)13:30~・18:30~

『気まぐれ冠者』

1935年千恵蔵映画作品(モノクロ・75分)
監督:伊丹万作
出演:片岡千恵蔵、市川春代、尾上華丈、瀬川路三郎、香川良介
※上映用のフィルムは音声部分が劣悪で会話等ほとんど聞き取れない状態です、御了承のうえ御覧ください。

4月5日(水)13:30~・18:30~
7日(金)13:30~・18:30~

『独眼龍政宗』

1942年大映京都作品(モノクロ・83分)
監督:稲垣浩
出演:片岡千恵蔵、月形竜之介、高山徳右衛門

4月6日(木)13:30~・18:30~
8日(土)13:30~・17:00~

『蜘蛛巣城』

1957年東宝作品(モノクロ・109分)
監督:黒澤明
出演:三船敏郎、山田五十鈴、志村喬

4月9日(日)13:30~・17:00~

『雨月物語』

1953年大映京都作品(モノクロ・97分)
監督:溝口健二
出演:京マチ子、田中絹代、森雅之

4月11日(火)13:30~・18:30~
14日(金)13:30~・18:30~

『隠し砦の三悪人』

1958年東宝作品(モノクロ・126分)
監督:黒澤明
出演:三船敏郎、千秋実、藤原釜足

4月12日(水)13:30~・18:30~
15日(土)13:30~・17:00~

『反逆児』

1961年東映京都作品(カラー・110分)
監督:伊藤大輔
出演:中村錦之助、桜町弘子、岩崎加根子

4月13日(木)13:30~・18:30~

『忍びの者』

1962年大映京都作品(モノクロ・105分)
監督:山本薩夫
出演:市川雷蔵、藤村志保、岸田今日子

4月16日(日)13:30~・17:00~

『大魔神』

1966年大映京都作品(カラー・84分)
監督:安田公義
出演:高田美和、藤巻潤、青山良彦

【日本映画120年記念企画】 古典・名作映画ノススメ 3

【日本映画120年記念企画】 古典・名作映画ノススメ 3

シネマトグラフがわが国に上陸し、京都電燈(旧・立誠小学校跡地)で試写されたのが1897年1月末の雪の降る夜でした。それから120年、大衆に愛された映画は文化・産業として確立し、多くの名作、秀作を生み出してきました。
 今回の特集では、京都府のフィルム・コレクションの中から、かつて日本のハリウッドと呼ばれた京都の作品を中心に、もう一度観直したい古典・名作、記念すべき100作品を選び特集します。4月は第二次大戦前から終戦までの古典・名作を上映します。

4月18日(火)13:30~・18:30~
21日(金)13:30~・18:30~

『爆音』

1939年日活多摩川作品(モノクロ・84分)
監督:田坂具隆
出演:小杉勇、吉田一子、轟夕起子

4月19日(水)13:30~・18:30~
22日(土)13:30~・17:00~

『鴛鴦歌合戦』

1939年日活太秦作品(モノクロ・68分)
監督:マキノ正博
出演:片岡千恵蔵、市川春代、志村喬、香川良介

4月20日(木)13:30~・18:30~
23日(日)13:30~・17:00~

『春秋一刀流』

1939年日活太秦作品(モノクロ・74分)
監督:丸根賛太郎
出演:片岡千恵蔵、澤村國太郎、河部五郎

4月25日(火)13:30~・18:30~
28日(金)13:30~・18:30~

『小島の春』

1940年東京発声作品(モノクロ・88分)
監督:豊田四郎
出演:夏川静江、菅井一郎、杉村春子

4月26日(水)13:30~・18:30~
29日(土)13:30~・17:00~

『馬』

1941年東宝作品(モノクロ・128分)
演出:山本嘉次郎
出演:高峰秀子、竹久千恵子、藤原鶏太

4月27日(木)13:30~・18:30~

『ハワイ・マレー沖海戦』

1942年東宝作品(モノクロ・115分)
監督:山本嘉次郎
出演:伊東薫、英百合子、原節子

4月30日(日)13:30~・17:00~

『無法松の一生』

1943年大映京都作品(モノクロ・83分)
監督:稲垣浩
出演:阪東妻三郎、園井恵子、沢村アキヲ

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
飲食店は20時30分まで入店できます

別館沿革
ページの先頭へ