本日の予定

6/17

休館

  • x
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    title

    令和4年度公益財団法人京都文化財団嘱託職員募集

    Date

    2021.12.21

    〔募集職種〕 公益財団法人京都文化財団 嘱託職員

    受験申込期間

    令和3年12月21日(火)から
    令和4年 1月25日(火)(必着)

    公益財団法人京都文化財団 嘱託職員募集要項

    募集内容・受験資格等

    募集職種

    嘱託職員(一般事務)

    採用予定人数

    若干名

    採用予定年月日

    令和4年4月1日

    職種内容

    京都文化財団が管理する文化施設(※)において、主に下記の業務に従事します。
    ① 総務、給与・経理事務、各種契約事務にかかる職員に準ずる事務
    ② 各種展覧会、コンサート等文化事業の企画、運営、広報・宣伝業務及び営業等の対外折衝業務並びに文化施設(※)の管理・運営全般にかかる職員に準ずる業務
    (※)京都文化財団が管理する施設(令和3年度):京都府京都文化博物館、京都府立文化芸術会館、京都府立府民ホール及び京都府立堂本印象美術館

    雇用主

    公益財団法人京都文化財団

    勤務場所

    公益財団法人京都文化財団が管理する施設
    ※自家用車による通勤は不可。

    学歴・免許等

    ・平成12年4月1日までに生まれた者(職務上、大学卒業程度の学力を必要とする。)または平成12年4月2日以降に生まれた者で学校教育法による大学(短期大学を除く。)を卒業若しくは令和4年3月末までに卒業見込みの者。
    ・職員の指導、監督のもと文化施設(※)の運営及び事業の企画・広報・宣伝・営業等に積極的に取り組み、京都府の文化芸術の振興と発展に意欲的に取り組める者。
    ・パソコン(エクセル、ワード等)を扱える者。 以上すべての要件を満たす方。
    また、博物館法(昭和26年法律第285号)第5条に規定する学芸員資格を有する方、学芸員として実務経験のある方が望ましい。

    求める人物像

    ・事業や管理部門を問わずに、業務全般に責任感をもって意欲的に取組み、他の職員や関係者・団体と協調しながらコミュニケーションが取れ、京都文化財団の発展を目指していただける方。
    ・京都文化に一定の素養を有している方。

    勤務条件等

    雇用期間

    令和4年4月1日から令和5年3月31日。ただし、令和5年4月1日以降について更新の可能性あり。(最長3年)

    報酬等

    公益財団法人京都文化財団の非常勤嘱託取扱要綱に基づき支給します。
    大学卒 237,600円を上限として、学歴・職歴の内容を勘案して決定します。
    この他、通勤手当、勤勉手当に相当する額を加算します。
    社会保険(健康保険・厚生年金)、労働保険(雇用保険・労災保険)に加入します。

    勤務時間

    ・週40時間(8時間×5日)シフト勤務あり。
    ① 9:30~18:15(京都文化博物館の場合の基本勤務時間。配属された施設・部署により若干異なります。)
    ② 11:30~20:15 または 12:15~21:00(京都文化博物館の場合の基本勤務時間。配属された施設・部署により若干異なります。)
    ※土日祝日勤務あり(月3~4日。配属された施設・部署により若干異なります。)
    ・業務の都合により時間外勤務が発生します。

    休日

    ・4週8休(国民の祝日がある場合は、その日数分は増)

    休暇等

    ・公益財団法人京都文化財団非常勤嘱託取扱要綱による

    試験日時・内容

    第1次試験

    書類審査
    受験申込書一式
    令和4年1月26日(水)~2月2日(水)

    第2次試験

    面接試験
    第1次試験合格者に対して個別面接・口述試験及び適性検査
    令和4年2月7日(月)~2月11日(金)
    京都府京都文化博物館

    ※会場は変更する場合があります。
    ※第2次試験については第1次試験合格者のみを対象に実施します。
    詳細は対象者にのみ通知します。
    ただし第1次試験の合否は受験者全員に文書で通知します。
    なお試験結果に関する問い合わせにはお答えできません。
    ▶次のいずれかに該当する人は応募できません。
    ・禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの人。
    ・他の団体等において懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない人。
    ▶採用試験に伴う交通費は自己負担となります。
    ▶第2次試験の合格者には最終学歴卒業証明書、職歴等の証明書、健康診断書(職務遂行に必要な健康状態にあることを医療機関で検査し発行されたもの)の提出を求めます。
    ▶採用内定後において、募集要綱を満たさないことや、申込書等において虚偽の記載、申告があることなどが判明した場合には採用できません。
    ▶荒天、災害等発生の場合の試験実施の有無などについては、前日に京都府京都文化博物館ホームページに掲載します。
    ▶新型コロナウイルス感染症、インフルエンザ等に罹患し、治癒していない場合や当日37.5℃以上の発熱、咳などの病状が続いている (倦怠感、息苦しさなどを含む)場合は、他の受験者への感染の恐れがあるため面接等を控えていただくようお願いします。 なお、この場合の再面接は予定しておりません。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため採用試験に変更を生じる場合は、 京都府京都文化博物館ホームページに掲載します。
     個別の連絡は行いませんので必ずご確認ください。

    受験申込手続

    ▶提出書類
      令和4年度公益財団法人京都文化財団職員採用試験申込書 1通
     必要に応じて、職務経歴書(様式自由・パソコン作成可)を添付してください。
    ▶募集要項及び申込書
      京都府京都文化博物館ホームページから、令和4年度職員募集要項職員採用試験申込書をA4判用紙にプリントアウトして使用してください。
      試験申込書は、両面印刷にて使用してください。
      黒のボールペンを使用し、楷書で丁寧に自書してください。
    ▶受付期間
     令和3年12月21日(火)から令和4年1月25日(火)(必着)
     試験申込書は郵送のみとし、封筒左下に赤字で「嘱託職員採用試験申込み」と書き、提出書類をすべて同封し、裏に差出人の郵便番号、住所、氏名を明記してください。
    持参の場合は受け付けません。

    ▶郵送申込先
     公益財団法人京都文化財団本部事務局 総務課(京都府京都文化博物館内)
     〒604-8183
     京都市中京区高倉通三条上ル東片町623-1
    電話 075-222-0888(代)(電話対応時間 10:00~18:00)※休館日は除く。

    ▶注意事項
    ・受付期間を経過して到着した郵送による申し込みは受付できません。必ず日数に余裕をもって申し込みください。
    郵便事情による書類到着の遅延等についても責任は負いません。
    第1次試験の結果は令和4年2月7日(月)までに連絡がない場合は申込先までご連絡ください。
    ・提出された書類に記載漏れ等の不備がある場合は受付けできないことがあります。受付できない時は申込者に連絡しますが、これにより受付期間内に受験手続が完了せず受験されなくても責任は負いませんので受験手続には十分注意してください。
    ・受験に際して取得した個人情報は本採用試験及び本採用試験に関する事務以外の目的では使用しません。
    ・提出された書類は一切返却いたしません。採用試験終了後速やかに破棄します。

    お知らせ一覧へ戻る