本日の予定

6/25

開館

  • x
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    挑む浮世絵 国芳から芳年へ

    Date

    2022.2.26(土) 〜 4.10(日)

    会場: 4階・3階展示室

    国芳から弟子たちへ-幕末明治に「芳」の系譜あり!
    歌川国芳(1797-1861)は、ダイナミックな武者絵やユニークな戯画で、幕末の浮世絵に衝撃をもたらしました。国芳のもとには多くの弟子が集い、新しい画題や表現に挑みました。中でも月岡芳年(1839-92)は近年再評価が進み、浮世絵のイメージをくつがえす絵師として知られています。 幕末、激動する時代のうねりを生き、描き、人々を魅了し続けた「芳」の系譜。怖い絵も、華やかな絵も、実は悲しい絵も、ぱっと目をひく表現が彼らの得意技です。名古屋市博物館の浮世絵コレクションから選り抜かれた約150点をご紹介します。(一部にショッキングな表現が含まれます)

    基本情報

    会期
    2022年2月26日(土)~4月10日(日)
    ※休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
    開室時間
    10:00~18:00 /金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
    会場
    京都文化博物館4・3階展示室
    主催
    京都府、京都文化博物館、関西テレビ放送
    協賛
    野崎印刷紙業
    企画協力
    名古屋市博物館
    後援
    (公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
    入場料(消費税込)
    一般 1,400円(1,200円) 大高生1,100円(900円) 中小生500円(300円)
    ※(  )は前売券及び20名以上の団体料金
    ※未就学児は無料。(要保護者同伴)
    ※前売券は2021年12月1日(水)から2022年2月25日(金)まで販売。(会期中は当日券のみ)
    ※障がい者手帳等をご提示の方と付き添い1人までは無料。
    ※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください。
    ※上記料金で、2階総合展示と3階フィルムシアターもご覧いただけます。(催事により有料の場合があります)

     

    【主な入場券販売所】
    京都文化博物館、ローソンチケット(Lコード:59090)、チケットぴあ(Pコード:685-696)、セブンチケット、e+(イープラス)、CNプレイガイドほか

    公式オンラインチケット

    etix


    京都展限定《「あまざけ」セット券》

    月岡芳年「おしやくがしたい」にちなんで、本展覧会の観覧券に「京・嵐山上流の蔵 丹山酒造」の“あまざけ( 180ml × 1本)”がついてくるお得なセット券! 米・米麹だけで造ったアルコールゼロ、お砂糖ゼロ、お子様でも飲める昔ながらの「あまざけ」をぜひご堪能ください。

    [販売期間]
    2021年12月1日(水)10:00~2022年2月25日(金)まで
    好評につき展覧会期中も販売します。
    2022年2月26日(土)~3月31日(木)まで
    [販売場所]
    イープラス
    [料金]
    1,800円(一般のみ・消費税込)
    [商品引換え期間]
    展覧会開催期間中2022年2月26日(土)~4月10日(日)
    ※引換券をご持参のうえ本館1階「京・嵐山上流の蔵 京丹山」で商品とお引換えください。
    ※180mlはこの企画だけの特別サイズです。
    ※この商品はアルコール飲料ではありません。
    ><span>画像はイメージです</span></div>
</div>



  <div class=

    挑む浮世絵 国芳から芳年へ 公式サイトはこちら

     

    展示構成と主な作品

    第1章 ヒーローに挑む

    歌川国芳の出世作であり、その後も得意としたのが歴史上や物語に登場するヒーローの勇ましい姿を描いた「武者絵」です。そのDNAは弟子たちに確実に引き継がれていきました。
    国芳や弟子が逸話やヒーローたちをどのように表現したのかをみていきます。

    link_base歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一人
    花和尚魯知深初名魯達」名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)

    第2章 怪奇に挑む

    落合芳幾と月岡芳年が手がけた「英名二十八衆句」全点一挙公開!
    ヒーローの勇ましさを強調するためには、彼らが対峙する怪奇をいかに恐ろしく表すかということが重要です。また状況が異常であればあるほど画中のドラマ性は高まります。国芳は血がほとばしる残虐な場面を描いていますが、時代の要請だったのでしょう、弟子もまたその路線を受け継ぎました。本章ではそうした怪奇を描いた作品や「血みどろ絵」と呼ばれる作品を紹介します。特に落合芳幾と月岡芳年が手がけた「英名二十八衆句」は全点を一挙公開します。 体調を整えた上でご覧いただくことをおすすめします。

    link_base月岡芳年「英名二十八衆句 福岡貢」
    名古屋市博物館蔵 (尾崎久弥コレクション)
    link_base落合芳幾「英名二十八衆句 佐野治郎左エ門」
    名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)
    歌川国芳「相馬の古内裏」名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)) 歌川国芳「相馬の古内裏」名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)

    第3章 人物に挑む

    国芳が描く美人像は、現実味にあふれ、はつらつとした明るさを放っています。一方で芳年の描く美人は妖艶な雰囲気をたたえています。そうした女性たちは、国芳一門では、「しぐさ」や「気持ち」をまとって表現されます。ここでは、美人画を中心に役者絵も含めたそれぞれの人物表現をみていきます。

    link_base月岡芳年「風俗参十二相 かゆさう」嘉永年間かこゐものの風ぞく
    名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)

    第4章 話題に挑む

    国芳の戯画(滑稽な絵)はバリエーションの豊富さと、そしてアイデアの奇抜さにおいて他の追随を許しません。第1章の武者絵と並んで彼が浮世絵界に残した新機軸といっていいでしょう。
    さらに一見、ユーモラスに見える国芳の戯画のなかには、幕政を風刺しているとしてさまざまな憶測が飛び交い大評判をとったものもあります。ここでは当時、話題となった見世物に取材したものや、世相をネタにした戯画など、ニュースソースとしての作品を紹介します。国芳が時代をどう捉え、いかに商品としたのか、その挑戦を見ていただきます。

    歌川国芳「里すゞねぐらの仮宿」名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)歌川国芳「里すゞめねぐらの仮宿」名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)

    終章 「芳」ファミリー

    展覧会の最後に、弟子たちがそれぞれの個性をどう展開させて時代に挑んでいったのか、その活躍ぶりをご覧いただきます。

    月岡芳年「東名所墨田川梅若之古事」名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)月岡芳年「東名所墨田川梅若之古事」
    名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)

    【音声ガイド】

    音声ガイドナレーターは声優・鳥海浩輔さん!
    当日貸出価格 1台600円(税込)


    [プロフィール]
    鳥海浩輔(とりうみ・こうすけ)
    5月16日生まれ。神奈川県出身。

    【代表作】
    「刀剣乱舞ーONLINEー」(三日月宗近役)
    「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」(グイード・ミスタ役)
    「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズ(愛島セシル役)など

    鳥海浩輔

    関連イベント

    講演会 「国芳と芳年の『怪』と『快』」

    講師
    神谷 浩氏(徳川美術館副館長兼学芸部長)
    日時
    2022年3月5日(土)10:30~12:00
    会場
    京都文化博物館 3階フィルムシアター(定員70名)
    参加費
    無料 ※ただし本展覧会入場券(半券可)が必要
    申込方法
    往復はがきに住所、氏名(返信面にも)、電話番号、希望イベント名を記入し、
    京都文化博物館「国芳から芳年へ」展係へお送りください。
    または、下記よりお申し込みください。


    ※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

    ナイトミュージアム「の集い」

    特別な時間に貸し切りで浮世絵を鑑賞いただけるスペシャル企画。「血みどろ絵」を中心に、学芸員によるみどころを徹底解説つきでお楽しみいただけます。

    講師
    有賀 茜(当館学芸員)
    日時
    2022年3月19日(土)18:00~20:00(受付17:45〜19:00)
     ※申し込みは終了いたしました。
    解説時間
    【1回目】18:30~ 【2回目】19:00~ 【3回目】19:15~
    ※開場時は混みあう可能性があります。解説時間にあわせてご来場ください。
    受付時間最終は19:00までです。
    会場
    本展展示室
    参加費
    2,500円(入場料を含む・一般のみ)※未就学児不可
    販売場所
    イープラス
    定員
    100名

    ※新型コロナウィルス感染拡大の状況を鑑み、定員数を100名に変更しました。
    それを受け、休館日の「特別鑑賞会」として、下記日程で追加募集いたします。

    日時
    2022年3月22日(火)13:00~15:00(受付 12:45~14:00)
    解説時間
    【1回目】13:30〜 【2回目】14:00〜 【3回目】14:15〜
    ※開場時は混みあう可能性があります。解説時間にあわせてご来場ください。
    受付時間最終は14:00までです。
    会場
    本展展示室
    参加費
    2,500円(入場料を含む・一般のみ) ※未就学児不可
    販売場所
    イープラス
    定員
    100名

    京都限定グッズ

    前田珈琲✕『挑む浮世絵 国芳から芳年へ』コラボコーヒー
    京都人に愛され続けて半世紀の前田珈琲とコラボし、オリジナルのドリップコーヒーをつくりました!
    熟練の焙煎士により自家焙煎された、本展オリジナルの美味しさが堪能できます。



    [料金]
    3袋入 500円(税込)
    9袋入 1,500円(税込)

    ※画像はイメージです。

    京都展特別コラボメニュー

    前田珈琲×『挑む浮世絵 国芳から芳年へ』
    前田珈琲文博店限定の特別なメニュー

    地獄絵図セット
    ストロベリーラテ+ブラックシュークリームストロベリーソース添え
    [料金] 950円(税込)


    あめとかふぇとにまる×『挑む浮世絵 国芳から芳年へ』
    1階ろうじ店舗「あめとかふぇとにまる」とのコラボメニュー

    血の池・辛茄子うどん
    『挑む浮世絵 国芳から芳年へ』ランチョンマット付き
    ※本展チケットの半券をご提示いただくと、ひやしあめ(小)がついてきます。
    [料金] 単品1,100円(税込)/ 生姜ごはんセット 1,300円(税込)

    過去の展示一覧へ戻る