本日の予定

2/24

開館

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    Kyoto Art for Tomorrow 2023 ―京都府新鋭選抜展―

    Date

    2023.1.21(土) 〜 2.5(日)

    会場: 4階展示室

    本展は、京都を中心に活動する新進の若手作家を紹介し、次世代を担う作家として京都から世界へ発信していくことを目的として開催します。美術系大学、画廊、美術館学芸員等からの推薦を受けた若手作家の中から、選考委員により選抜された作家40名の作品を展示いたします。京都ゆかりの新進作家たちとともに、今年度からは新たに前年度選抜展の最優秀賞受賞者を別館ホールにゲスト作家としてお招きし、特別展示します。初回となる今回は、藤井俊治氏による多様な画材を用いた装飾的な平面作品数十点を展示するインスタレーションです。京都の文化と歴史を背景として、新しい芸術の創造に取り組む作家たちの意欲的な実践にご期待ください。

    基本情報

    会期
    2023年1月21日(土)~2月5日(日)
    休館日
    月曜日
    開室時間
    10:00~18:00(金曜日は19:30まで)※入場はそれぞれ30分前まで
    会場
    京都文化博物館 4階展示室
    入場料
    一 般 500円(400円)
    大学生 400円(320円)
    高校生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※入場券1枚につき展覧会入場は1日1名様1回限り有効
    ※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください。
    ※障がい者手帳をなどご提示の方と付き添い1名までは無料
    ※上記料金で2階総合展示室、3階フィルムシアターもご覧いただけます。
    (ただし催事により有料の場合があります。)
    主催
    京都府、京都文化博物館
    後援
    京都新聞、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、
    読売新聞京都総局、産経新聞社京都総局、日本経済新聞社京都支社、
    NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都、京都商工会議所、
    京都日本画家協会、京都工芸美術作家協会、
    在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、
    ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

    出品作家

    厚地朋子、荒川朋子、粟坂萌子、井上舞、岩泉慧、岩坂佑史、岩橋優花、大石茉莉香、
    オギハラフウカ、亀田ひなた、木田陽子、こしまともみ、後藤吉晃、シュライナー・コール、
    白井聡子、鈴木健太郎、たけもとるか、玉井佐知、堤 加奈恵、堂東由佳、長田綾美、中村百花、
    西薗静、西久松友花、野原万里絵、野村由香、平野泰子、松井亜希子、松岡柚歩、宮原野乃実、
    むらたちひろ、森田志宝、森山佐紀、八木佑介、山下茜里、山田千尋、山西杏奈、山羽春季、
    山本紗佑里、山本真澄

    選考委員・審査委員

    島敦彦(国立国際美術館 館長)
    平芳幸浩(京都工芸繊維大学 教授)
    福永治(京都国立近代美術館 館長)
    不動美里(姫路市立美術館 館長)
    吉岡恵美子(京都精華大学 副学長)

    特別展示「仮縫い」

    前年度選抜展の最優秀賞受賞者である藤井俊治氏を別館ホールにゲスト作家としてお招きし、特別展示します。

    会期
    2023年1月21日(土)~2月5日(日)
    休館日
    月曜日
    開室時間
    10:00~19:30
    会場
    別館ホール
    入場料
    無料

    特別展示作家

    藤井 俊治
    FUJII Toshiharu
    画家

    藤井 俊治

    2009年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。近年はティアラ、鏡、ヴェール、半透明のイメージなどを箔・雲母・油絵の具等の多様な画材を用いて制作し、絵画のもつ装飾性や奥行きを模索する平面作品を発表。主な個展に2018年「光の層 -laminate the lights- 」、2020年「半透明のドレープ translucent drape」。主なグループ展に2018年「VOCA展2018 現代美術の展望-新しい平面の作家たち-」、2022年「Kyoto Art for Tomorrow2022 京都府新鋭選抜展」等。主な受賞に2004年シェル美術賞2004グランプリ、2011年滋賀県次世代文化賞、2016年藝文京展2016 京都商工会議所会頭賞、2018年VOCA展2018 VOCA奨励賞、2021年大津市文化奨励賞、2022年Kyoto Art for Tomorrow2022 京都府新鋭選抜展最優秀賞。


    《ダークルーム》
    《ダークルーム》2022年

    《#わたし#美しい#証明》
    《#わたし#美しい#証明》2017年


    関連イベント

    (1)藤井俊治氏(特別展示作家)によるアーティスト・トーク

    特別展示作家・藤井俊治氏に、自作についての話、今回の展示内容についての話をしていただきます。

    日時:2023年1月21日(土)10:30~12:00
    会場:10:30~11:10頃 3階フィルムシアター
       11:25~12:00頃 別館ホール
    参加費:無料。ただし当日の入場者に限ります。
    ※事前申し込み不要



    (2)出品作家によるギャラリートーク

    日時:2023年1月28日(土)14:00~
       2月4日(土)14:00~

    参加予定作家:
    ■1月28日(土)
    岩泉慧、岩坂佑史、岩橋優花、大石茉莉香、亀田ひなた、白井聡子、
    たけもとるか、むらたちひろ、森田志宝、山下茜里、山羽春季、山本真澄
    ■2月4日(土)
    粟坂萌子、木田陽子、こしまともみ、鈴木健太郎、玉井佐知、堤加奈恵、西薗静、
    西久松友花、野原万里絵、松井亜希子、松岡柚歩、宮原野乃実、八木佑介、山本紗佑里

    会場:4階展示室
    参加費:無料。ただし当日の入場者に限ります。
    ※事前申し込み不要



    過去の展示一覧へ戻る