本日の予定

6/25

開館

  • x
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    もしも猫展

    Date

    2023.9.23(土・祝) 〜 11.12(日)

    会場: 4・3階 展示室

    「もしも、うちの猫が人のように話したら?」そんな想像をしたことはありませんか。

    人間以外の何かを人間になぞらえることを擬人化(ぎじんか)とよびます。天保12年(1841)頃から、浮世絵師の歌川(うたがわ)(くに)(よし)は猫を擬人化したり、役者を猫にした作品を次々と発表していきます。
    本展では猫の擬人化作品と、それらを描いた歌川国芳を主軸に捉えながら、江戸時代の擬人化表現の面白さに着目します。そのなかで、なぜ国芳作品にかくも惹きつけられるのか、その魅力のありかを探っていきます。

    ※本展は一部を除く作品の撮影が可能です。フラッシュや動画撮影はご遠慮ください。

    展覧会チラシダウンロード
    公式SNS Twitter @MOSHIMONEKOTEN


    基本情報

    会期
    2023年9月23日(土・祝)~11月12日(日)
    10月17日以降、一部作品の展示場面がかわります。
    開室時間
    10:00~18:00(金曜日~19:30) ※入場は閉室30分前まで
    休館日
    月曜日(ただし、10月9日は開館)、10月10日(火)
    会場
    京都文化博物館4・3階展示室
    主催
    京都府、京都文化博物館、読売テレビ
    協力
    名古屋市博物館
    後援
    公益社団法人京都府観光連盟、公益社団法人京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
    入場料
    (消費税込)
    一般1,600(1,400)円、大高生1,000(800)円、中小生500(300)円

    ※( )内は前売および20名以上の団体料金。
    ※未就学児は無料(ただし、要保護者同伴)。
    ※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください。
    ※障がい者手帳などをご提示の方と付き添い1名までは無料。
    ※上記料金で2階総合展示と3階フィルムシアターもご覧いただけます
    (ただし催事により有料の場合があります)。
    ※前売券は2023年7月23日(日)~9月22日(金)までの期間限定販売(会期中は当日券のみ)。

    ≪主なチケット販売所≫
    京都文化博物館、アソビューチケットぴあ(Pコード:686-499)、ローソンチケット(Lコード:54314)、CNプレイガイドイープラスセブンチケット(セブンコード:101-182)、楽天チケットほか

    ■企画チケット
    ❶ にゃんともお得! 前売ペア割チケット ※販売は終了いたしました
     販売価格:2,600円(税込/一般のみ)
     販売期間:7月23日(日)~9月22日(金)
     販 売 所:ローソンチケット
     ※1枚ずつでも使用できます。

    ❷ 学芸員のレクチャー付き! 夜猫(にゃいと)ミュージアムチケット
     日曜日の閉室後、学芸員のレクチャー付きでゆったり鑑賞できるプレミアムなチケット。
     日  時:10月8日(日)18:00~20:00(入場は19:00まで)
         ※レクチャー時間指定制です。チケット購入時にレクチャー時間(①~③)をご指定ください。
          ①18:00 ②18:30 ③19:00
         ※レクチャー時間以外のお時間は展示会場をご自由にご鑑賞いただけます。
     定  員:150名
     販売価格:2,200円(税込/一般のみ)
     販売期間:7月23日(日)~ ※先着順。定員に達し次第、販売を終了します。
     販 売 所:ローソンチケット

    (にゃぞ)解きゲームキット付きチケット (企画:テクニコテクニカ)
     販売価格:謎解きゲームキット1,500円(税込)+展覧会入場料
     販売期間:7月23日(日)~(※数量限定)
     販 売 所:イープラス
     ※謎解きキットは会場にて引き換えを行います。
     ※本ゲームはコミュニケーションアプリ「LINE」を使用します。
      必ずアプリがインストールされた端末をご用意ください。
     ※フィーチャーフォン(ガラケー)には対応しておりません。
     ※会場に無料Wi-Fiの用意はございません。
      インターネットに接続する通信費はお客様のご負担となります。予めご了承ください。
     ※端末のバッテリーは十分余裕を持ってお越しください。

    展示構成と主な出品作品

    ■出品目録ダウンロード

    序章)猫を描く人

    もしも猫が人であったなら。人が猫であったなら。
    多くの人が抱く夢想ですが、突き詰めた絵師といえば、この人をおいて他にいないでしょう。根っからの猫好きで知られる浮世絵師の歌川国芳《うたがわくによし》を紹介します。


    国芳死絵落合芳幾 国芳死絵 名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)


    第1章)くらべてみる

    展覧会の幕開けとして、擬人化して描いた作品と元となったイメージを具体的に見比べてみることで、擬人化表現の魅力を再発見していきます。


    新版猫の玉のり歌川国利 新版猫の玉のり 個人蔵

    新版玉のり尽新版玉のり尽 個人蔵

    流行猫の曲鞠歌川国芳 流行猫の曲鞠 個人蔵

    墨摺報条錦江斎春艸 墨摺報条 風流曲手まり(部分)個人蔵


    第2章)擬人化の効能

    擬人化世界の入り口としてまず、人ならぬものが主役の異類物《いるいもの》を、つづいて昔ばなしや戯画《ぎが》、風刺画《ふうしが》など、江戸時代から明治にかけての擬人化作品を紹介していきます。


    鼠草子絵巻鼠草子絵巻 巻五(部分) サントリー美術館蔵 ※会期中場面替を行います。

    鶏鼠物語絵巻貼付屏風鶏鼠物語絵巻貼付屏風(部分) 名古屋市博物館蔵

    化け猫草子絵巻化け猫草子絵巻(部分) 個人蔵 ※会期中場面替を行います。

    大なまづねこのたハむれ大なまづ ねこのたハむれ 個人蔵


    第3章)おこまものがたり

    天保13年(1842)、山東京山と歌川国芳によって、猫のおこまの一代記をあらわした合巻《ごうかん》(長編小説)『朧月《おぼろづき》猫《ねこ》の草紙《そうし》』が刊行され、人気をよびました。異類《いるい》(人にあらぬもの)の婚礼儀礼をつづった「嫁入物《よめいりもの》」の流れのなかに同書を位置づけながら、「おこまものがたり」の継承と広がりを明らかにしていきます。


    狐の嫁入図浮田一惠 狐の嫁入図(部分) 名古屋市博物館蔵

    朧月猫の草紙山東京山作・歌川国芳画『朧月猫の草紙』六編 個人蔵

    しん板猫のはなし歌川国利 しん板猫のはなし 個人蔵

    新板猫の勉強学校小林幾英 新板猫の勉強学校 個人蔵

    猫の運動尽小林幾英 猫の運動尽 個人蔵


    第4章)人、猫になる

    天保12年(1841)、歌川国芳《うたがわくによし》による団扇絵《うちわえ》「猫の百面相《ひゃくめんそう》」が流行します。猫を人のように描くのではなく、実在する人間の歌舞伎役者を猫に見立てて描くという趣向は、これまでにない新機軸でした。こちらは「もしも、あの有名人が猫になったら?」というアイデアが起点になったものといえるでしょう。
    「猫の百面相」流行の様相と展開をみていきます。


    猫の百面相歌川国芳 猫の百面相 忠臣蔵 個人蔵

    団扇絵とよばれる浮世絵版画。その名のとおり、団扇の骨に貼って団扇として使用されました。よく見ると骨の跡があるのが分かります。つまり、わざわざ骨から外して大事にしまわれた結果、今に伝わったことが想像できます。


    亀喜妙ゝ歌川国芳 亀喜妙ゝ 名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)


    【特集】おしゃべりな顔、百面相

    『朧月猫の草紙』や「猫の百面相」を発表する少し前から、国芳は「百面相」なる絵を手掛けるようになります。表情だけでその人がどのような状況に置かれているのかを滑稽に表したものです。「猫の百面相」との関係を探りつつ、国芳の「百面相」を見ていきます。


    写生百面叢花笠文京填詞・歌川国芳画『写生百面叢』名古屋市蓬左文庫蔵(尾崎久弥コレクション)

    戯画笑百面歌川国芳 戯画笑百面 まけせうぎ ほか 個人蔵


    第5章)国芳のまなざし

    いかに対象を観察し、描くか。そしてアイデアをどのように膨《ふく》らませ、形にしていくか。「百面相《ひゃくめんそう》」で培《つちか》われた画才は、そのまま猫の戯画《ぎが》にも結実しています。国芳の観察力や的確な表現力とともに、次から次へとあふれでるユーモラスなアイデアをお楽しみください。


    流行猫の狂言づくし歌川国芳 流行猫の狂言づくし熊ケ谷次郎直実ほか 個人蔵


    終章)もしも…。

    最後にもういちど、歌川国芳が擬人化猫作品を集中的に描きはじめた頃の作例をご覧いただきます。浮世絵師、歌川国芳の溢れる才と魅力を存分にご堪能ください。

    関連イベント

    講演会「国芳、猫を描く」

    講演会「国芳、猫を描く」 
    講 師:津田 卓子 氏(名古屋市博物館 学芸員)
    日 時:2023年10月7日(土)10:30~12:00
    場 所:3階フィルムシアター
    定 員:150名
    参加費:無料(ただし本展覧会入場券〈半券可〉が必要)

    申込方法
    往復はがきに住所、氏名(返信面にも)、電話番号、希望イベント名を記入し、京都文化博物館「もしも猫展」係へ。または、下記よりお申込みください。
    ※先着順。定員に達し次第、受付を終了。
    ※参加者1名ごとにお申込みください。
    受付は終了いたしました

    学芸員によるギャ(ニャ)ラリートーク

    日 時:9月27日(水)、10月4日(水)14:00~
        10月22日(日)11:00~
        各日とも30分程度
    場 所:4階・3階展示室内
    ※参加費および事前申込み不要。ただし、当日の入場者に限ります。

    音声ガイド

    会場内の二次元コードを、お手持ちのスマートフォンで読み取ると音声ガイドをお聞きいただけます。 ※ご利用無料

    展覧会図録

    「もしも猫展」
    判型:A5変形、320ページ
    販売価格:2,530円(税込)
    ※3階特設ショップ・1階ミュージアムショップで販売

    グッズ

    京都会場オリジナルグッズを特設ショップ3Fにて販売中!

    ・猫おみくじ2種 各種 880円(税込)
    猫おみくじ2種
    ・キッズTシャツ 新板猫の勉強学校2種 各種(グレー・イエロー) 3,300円(税込)
    link_baseグレー
    link_baseイエロー

    ★サイズは「キッズL(110~130サイズ)」のみです。
    会場でのご試着はできませんので、ご了承ください。


    ※上記商品の他にも多数ご用意しておりますので、ぜひ会場内特設ショップでご確認ください。
    ※商品の転売はお断りいたします。
     転売等のトラブルに関しては、一切責任を負いません。
    ※商品の数には限りがあります。
     品切れの場合もございますのでご了承ください。
    ※販売在庫に関するお問い合わせや入荷予定等には回答できません。



    コラボメニュー

    ●前田珈琲 文博店
    ・「もしも猫展」限定 猫パフェ 1,200円(税込)※ドリンクセット+200円
    猫パフェ
    店舗情報は下記をご確認ください。
    https://www.bunpaku.or.jp/info/shop/maedacoffee/

    ●「あめとかふぇ とにまる」 Café and Candy Shop
    ・もし猫ミルクティー 茶トラ 650円(税込)

    ★とにまるオリジナルペーパーランチョンマット付

    もし猫ミルクティー 茶トラ
    ・もし猫カレー ハチワレ 1,680円(税込)

    ★とにまるオリジナルペーパーランチョンマット付

    もし猫カレー ハチワレ

    店舗情報は下記をご確認ください。
    https://www.bunpaku.or.jp/info/shop/tonimaru/
    過去の展示一覧へ戻る