本日の予定

4/20

開館

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    近代京都の大津絵 —小川千甕「西洋風俗大津絵」を中心に—

    Date

    2017.4.29(土・祝) 〜 6.18(日)

    会場: 2階総合展示室

    大津絵とは、江戸から明治期にかけて、東海道最大の宿場であった大津の西端に位置する追分、大谷で土産物として売られていた無銘の庶民絵画をいいます。特に関西エリアに浸透していた大津絵は定型化した画題を持つようになり、特に四条派の画家たちは、しばしば大津絵画題の作品を手がけたことが知られています。明治以降も富岡鉄斎、鈴木松年、久保田米僊、浅井忠、竹内栖鳳、冨田渓仙、神坂雪佳などの近代画家によって、大津絵画題の作品や大津絵スタイルの作品が、しばしば描かれました。
    そうした中でも、近代京都を代表する洋画家・浅井忠は「黙語図案集」や「今様大津絵」という絵葉書を作るなど、大津絵をことのほか愛好したことで知られます。そして、その弟子である小川千甕は、大正初年の渡欧体験を踏まえて「西洋風俗大津絵」を手がけました。「西洋風俗大津絵」は従来の大津絵を踏まえつつ、西洋風俗と大津絵を重ね合わせて、新たなイメージを作り出した点で、画期的な作品と言えるでしょう。
    本展では、近代京都の画家を中心に、近代画家による大津絵への取り組みについて、ご紹介します。

    基本情報

    会期
    2017(平成29)年4月29日(土・祝)~6月18日(日)
    【前期】4月29日(土・祝)~5月21日(日)
    【後期】5月23日(火)~6月18日(日)
    休館日
    月曜日(ただし祝日は開館、翌日休館)
    ※5月1日(月)は臨時開館します
    会場
    京都文化博物館 2階総合展示室「京の至宝と文化」
    開室時間
    10:00~19:30(入室は19:00まで)
    入場料
    (京都文化博物館総合展示)
    一般:500(400)円、大学生:400(320)円、高校生以下無料
    *( )内は20名以上の団体料金
    *上記料金で、2階総合展示と3階フィルムシアターがご覧いただけます。
    主催
    京都府、京都文化博物館

    主な展示資料

    作者作品制作年員数所蔵展示期間
    久保田米僊大津絵十種明治27年10枚京都府
    (京都文化博物館管理)
    通期
    幸野楳嶺
    久保田米僊
    巨勢小石
    寄合三種大津絵図1幅白澤庵
    (大津市歴史博物館寄託)
    前期
    鈴木百年大津絵行列図1幅白澤庵
    (大津市歴史博物館寄託)
    後期
    冨田渓仙六種大津絵大正3年1幅白澤庵
    (大津市歴史博物館寄託)
    後期
    近藤浩一路鬼の念仏1幅個人蔵
    (大津市歴史博物館寄託)
    前期
    神坂雪佳藤娘図1幅個人蔵
    (大津市歴史博物館寄託)
    前期
    山村耕花若衆1幅白澤庵
    (大津市歴史博物館寄託)
    前期
    大林千萬樹藤娘1幅白澤庵
    (大津市歴史博物館寄託)
    後期
    橋本関雪鬼の念仏1幅個人蔵後期
    鈴木松年座頭・鬼の念仏2曲1隻個人蔵通期
    鈴木松年浮世又平・鬼の念仏2曲1隻白澤庵通期
    京都画壇寄合
    大津絵屏風(木版)
    大正12年6曲1双個人蔵通期(展示替)
    浅井忠黙語図案集明治41年1冊京都府立京都学・歴彩館通期(頁替)
    小川千甕スケッチ帖1冊京都府
    (京都文化博物館管理)
    通期
    小川千甕西洋風俗大津絵大正3年19枚京都府
    (京都文化博物館管理)
    通期(展示替)
    楠瀬日年大津絵大正9年2冊京都府立京都学・歴彩館通期(頁替)

    ※都合により、展示資料を変更する場合があります。

    関連イベント

    ギャラリートーク

    日時
    5月12日(金)18:00~、6月9日(金)18:00~ ※各日30分程度
    会場
    2階展示室内
    料金
    無料 ※事前申込み不要、当日の入場者に限ります。
    過去の展示一覧へ戻る