本日の予定

3/3

開館

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    伊砂利彦作品展

    Date

    2017.8.26(土) 〜 10.22(日)

    会場: 2階総合展示室

    伊砂利彦(1924-2010)は、京都市に生まれ、型絵染の分野で京都を中心に活躍した作家です。活動の当初は蝋纈染の作品を制作していましたが、稲垣稔次郎(1902-1963)の影響を受けて型絵染を制作するようになり、新匠会の主宰であった富本憲吉(1886-1963)の「模様から模様を造らず」という言葉を守り自然の観察と写生を大切にして制作しました。
    今回の展示では、初期の貴重な蝋纈染の作品である「伊根の舟小屋」(1961年頃)や、伊砂にとって大きなテーマであった松をあらわした「松ー月待ちー」(1965年)などを、師であった稲垣稔次郎の「山ぐにの春」などとともにご紹介します。

    基本情報

    会期
    2017(平成29)年8月26日(土)~10月22日(日)
    【前期展示】8月26日(土)~9月24日(日)
    【後期展示】9月27日(水)~10月22日(日)
    休館日
    月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)※9月26日(火)は展示替えのため休室します。
    会場
    京都文化博物館 2階総合展示室「京の至宝と文化」
    開室時間
    10:00~19:30(入室は19:00まで)
    入場料
    一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
    *( )内は20名以上の団体料金
    *上記料金で、総合展示と3階フィルムシアターがご覧いただけます
    主催
    京都府、京都文化博物館

    主な展示資料

       
    展示期間
    伊根の舟小屋絹、蝋纈染1961年頃屏風 (二曲一隻)前期
    ローマの松和紙、型絵染1967年屏風 (二曲一隻)通期
    松ー枝垂れー和紙、型絵染1969年屏風 (二曲一隻)通期
    月の道和紙、型絵染1991年屏風 (二曲一隻)通期

    関連イベント

    ギャラリートーク

    日時
    9月8日(金)、10月6日(金) 各日18:00~ ※約30分程度
    会場
    2階展示室内
    料金
    無料 ※事前申込み不要、当日の入場者に限ります。
    過去の展示一覧へ戻る