本日の予定

4/20

開館

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    近衞家 王朝のみやび 陽明文庫の名宝13
    「三藐院記」 重要文化財指定記念
    近衞信尹の生涯

    Date

    2023.10.7(土) 〜 12.3(日)

    会場: 2階総合展示室

     京都市右京区に所在する陽明文庫は、朝廷の最高官職である摂政・関白を務めた藤原氏五摂家の一つ、近衞家の御蔵を継承した機関で、平安時代以来の歴史資料の一大宝庫です。
     陽明文庫は数多くの国宝や重要文化財を所蔵しており、なかでも、平安時代に栄華を極めた藤原道長の自筆日記「御堂関白記」は、平安時代の政治や文化を今に伝えるものとして、並ぶもののない価値を有します。また、このたび新たに、安土桃山時代の当主である近衞信尹の日記「三藐院記」が、重要文化財に指定されました。信尹は直情奔放の性格で知られ、関白位をめぐる二条昭実との争論、豊臣秀吉の上奏による勅勘と薩摩国配流、その後の帰京と宿願の関白就任と、激動の生涯を駆け抜けた人物です。劇的な半生で培われた信尹の大胆な書は、近衞流(三藐院流)と呼ばれる一派をなしたことでも知られました。
     今回の展示では、国宝「御堂関白記」とあわせて、若年期から最晩年に至るまでの信尹の手跡を展観し、大変革の時代を生きぬいた信尹の半生をたどります。本展が、長い歴史を持つ陽明文庫の魅力に触れていただく機会となれば幸いです。

    基本情報

    会期
    2023年10月7日(土)~ 12月3日(日)
    前期展示=10月7日(土)~11月5日(日)
    後期展示=11月7日(火)~12月3日(日)
    休館日
    月曜日、10月10日(火)(ただし、10月9日(月)は開館)
    会場
    京都文化博物館2階総合展示室「京の至宝と文化」
    開室時間
    10:00~19:30(入場は19:00まで)
    入場料
    一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
    ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※総合展示(2階)とフィルムシアター(3階)をご覧いただけます。
    (フィルムシアターは催事により有料の場合があります。)
    主催
    京都府、京都文化博物館
    協力
    公益財団法人陽明文庫

    関連イベント

    学芸員によるギャラリートーク

    日時
    2023年10月25日(水)、11月8日(水)
    いずれも14:00~(30分程度)、展示室内で行います。
    (10月25日は「町のちからⅡ―阪東屋町文書の世界―」と同時開催。
    11月8日は「池大雅―あるコレクターの視点」と同時開催。)
    参加費
    無料。ただし当日の入場者に限ります。

    主な展示品


    国宝 御堂関白記 自筆本 寛弘五年下巻 藤原道長筆 寛弘5年(1008) (前期展示)国宝 御堂関白記 自筆本 寛弘五年下巻 藤原道長筆 寛弘5年(1008) (前期展示)

    寛弘5年9月、道長は中宮彰子の敦成親王(のちの後一条天皇)出産という慶事を迎えます。下って安土桃山時代、近衞信尹は、この年の御堂関白記自筆本の裏側に、南北朝時代の当主である近衞道嗣の日記を書きつけました(巻末より▼の部分まで)。


    重要文化財 三藐院記 本記 文禄三年記(横帳) 近衞信尹筆 文禄3年(1594) (前期展示)重要文化財 三藐院記 本記 文禄三年記(横帳) 近衞信尹筆 文禄3年(1594) (前期展示)

    文禄3年、信尹は、後陽成天皇の勅勘という名目で薩摩国へ流罪になりました。この年の三藐院記には、薩摩までの旅日記が記されます。


    重要文化財 三藐院記 別記 関白宣下記 近衞信尹筆 慶長10年(1605) (後期展示)重要文化財 三藐院記 別記 関白宣下記 近衞信尹筆 慶長10年(1605) (後期展示)

    信尹は、日々の日記ほか、折に触れて別記を作成しました。本品は、宿願叶って関白に就任した際の書類を書き写したもので、現物の文書と同じ色の紙を使っています。


    源氏物語和歌色紙貼交屏風(右隻) 近衞信尹筆 江戸時代 17世紀 (通期展示)源氏物語和歌色紙貼交屏風(右隻) 近衞信尹筆 江戸時代 17世紀 (通期展示)

    信尹は “寛永の三筆”のひとりに数えられる能書家です。本品では、おおらかで力強い信尹の筆と絢爛豪華な下絵が見事な調和を生み出しています。


    和歌詠草「立待月・渡月・月前松・寄月旅」 近衞信尹筆 慶長19年(1614)  (通期展示)和歌詠草「立待月・渡月・月前松・寄月旅」 近衞信尹筆 慶長19年(1614)  (通期展示)

    信尹50歳、世を去る3ヶ月前の和歌詠草で、その筆遣いには近衞流(三藐院流)の特徴がよく表れています。


    出品資料

    詳細はこちら

    過去の展示一覧へ戻る