本日の予定

7/25

開館

  • x
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    [上映と報告]日本初70mm映画『釈迦』の復元にむけた調査報告

    Date

    2024.3.20(水・祝)

    会場: 3階 フィルムシアター

    日本映画史上初の 70mm 映画として重要な『釈迦』(1961 年、大映、三隅研次)。オリジナルのスーパーテクニラマ 70 方 式では現在鑑賞することができなくなっている『釈迦』本来の芸術表現、技術とはどういうものだったのでしょうか。それらの復元にむけた、文献資料やオリジナル・ネガを含めた現存フィルムの調査報告会を開催します。京都府京都文化博 物館所蔵 35mm シネマスコープ版『釈迦』のスクリーンでの鑑賞と各報告を通して、映画の魅力と共に、映画芸術・技術、映 画の歴史、映画復元への理解を深める機会として、ご来場ください。


    日時
    2024年3月20日13:30-18:00
    主催
    京都府京都文化博物館、東京国立近代美術館、国立映画アーカイブ、科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)「日本における70ミリ劇映画文化の受容とそのイメージの復元」(研究代表者・冨田美香)
    MOMAT
    NFAJ
    科研費
    KADOKAWA
    プログラム

    [上映]13:30-16:06
    『釈迦』上映 1961年/大映京都作品/監督:三隅研次/35mmフィルム(京都府所蔵)/156分

    <<休憩>>

    [報告]16:25-18:00
    16:25-16:50
    報告1:冨田美香(国立映画アーカイブ主任研究員/東京国立近代美術館主任研究員)
    「復元プロジェクトの概要とスーパーテクニラマ70版『釈迦』の調査報告」

    16:50-17:40
    報告2:エイドリアン・ウッド(映画復元専門家、OWL Studio株式会社代表)
    Adrian Wood (Archival Film Consultant and Restoration Supervisor / OWL Studio Ltd., Fukuoka)
    「『釈迦』現存フィルムの調査とその復元の意義」 *逐次通訳付
    Research of the surviving elements of "Buddha" and their significance in conducting a restoration of the film

    17:40-17:55
    報告3:宮野起(Audio Mechanics、Film Preservationist)
    「『釈迦』復元に向けた現存する音素材の調査報告」*ビデオ・プレゼンテーション

    17:55-18:00
    Q&A、終了


    チラシデータのダウンロードはこちら

    お客様各位 (2023.5.10更新)

    フィルムシアターでのマスク着用は皆様のご判断にお任せいたします。ただし当館では、今後も三密(密集・密閉・密接)の回避のため、感染対策は継続して実施いたします。皆様には、下記の通りご協力をお願いいたします。

    • 発熱(非接触検温37.5℃以上)が認められる方の入場はお断りいたします。
    • お客様同士の密接な距離での長時間の会話や大声での会話・発声等はお控えください。
    • 入退場に密集しないよう前後のお客様と充分距離(最小1mできるだけ2mを目安に)をおとりください。
    • 密集・密接を回避するため、できるだけ間を空けてお座りください。
    • 体調不良の場合は、入場をご遠慮ください。
    • その他、飛沫感染の危険性を拡大させる行為は行わないでください。
    • 咳エチケット等に充分ご配慮ください。
    • 皆様がなるべく扉やドアノブに直接触る必要がないように、また、密閉回避のため換気の促進も含めフィルムシアターの扉の一部を解放して上映を行うことがあります。

    ※今後も必要に応じて対策の追加及び変更を行う場合がございます。皆様のご協力をお願い申し上げます。

    3月20日(水)

    13:30〜

    『釈迦』

    1961年大映京都作品(カラー・156分)/監督:三隅研次/出演:本郷功次郎、市川雷蔵、勝新太郎、チェリト・ソリス

    過去の上映一覧へ戻る