本日の予定

4/15

休館

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    UCF3:UNDERGROUND CINEMA FESTIVAL 3

    Date

    2024.2.23(金・祝) 〜 2.25(日)

    会場: 3階 フィルムシアター

    テーマは「INVISIBLE」=見えないもの。日常の裏に隠された真実や、個人の内面にある叫びを、先鋭的な感性と類をみない表現で映し出す映画たちを特集します。パンク、シュール、ミニマル、クィーア・・・。商業映画では決して描かれない衝動や欲望を、既成の概念に縛られない自由な表現で描くのが、アンダーグラウンド映画の真骨頂。時代の風俗としてのアングラではなく、その強烈な個性ゆえに地下に潜り、時代とともに見えない存在となった、真にアンダーグラウンドな傑作たちを発掘し公開します。観ることの出来なかった映像、聞かれることのなかった叫びが今、スクリーンに炸裂する!

    お客様各位 (2023.5.10更新)

    フィルムシアターでのマスク着用は皆様のご判断にお任せいたします。ただし当館では、今後も三密(密集・密閉・密接)の回避のため、感染対策は継続して実施いたします。皆様には、下記の通りご協力をお願いいたします。

    • 発熱(非接触検温37.5℃以上)が認められる方の入場はお断りいたします。
    • お客様同士の密接な距離での長時間の会話や大声での会話・発声等はお控えください。
    • 入退場に密集しないよう前後のお客様と充分距離(最小1mできるだけ2mを目安に)をおとりください。
    • 密集・密接を回避するため、できるだけ間を空けてお座りください。
    • 体調不良の場合は、入場をご遠慮ください。
    • その他、飛沫感染の危険性を拡大させる行為は行わないでください。
    • 咳エチケット等に充分ご配慮ください。
    • 皆様がなるべく扉やドアノブに直接触る必要がないように、また、密閉回避のため換気の促進も含めフィルムシアターの扉の一部を解放して上映を行うことがあります。

    ※今後も必要に応じて対策の追加及び変更を行う場合がございます。皆様のご協力をお願い申し上げます。

    主催
    有限会社エス・アイ・ジー/Art Saloon
    協力
    Jon Moritsugu、緑川珠見、居田伊佐雄、山崎のりあき、渡辺まちこ、金井勝、リカコ・カンパニー
    料金
    一般1,300円、学生1,000円、障がい者手帳お持ちの方・京都文化博物館友の会会員800円
    ※障害者手帳をお持ちの方、友の会会員は当日券をお求めください。
    ※オンラインチケット販売(一般/学生のみ):https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02rtvb579qh31.html
    公式HP
    https://ucf3.sig-new.com/
    お問い合わせ
    asugcf2022@gmail.com

    2月23日(金祝)

    13:00~

    ①プロA『MOD FUCK EXPLOSION』+L『Crazy Dolls』(2作品計80分)
    A 『MOD FUCK EXPLOSION』

    監督:ジョン・モリツグ
    1994年/USA/67分/カラー/デジタル/日本語字幕/日本初公開


    暴力溢れる都会を彷徨う無垢な十代の魂たち。トラッシュでストレンジな青春パンク・オデッセイ。


    ★ニューヨーク・アンダーグラウンド映画祭“最優秀長編”

    『MOD FUCK EXPLOSION』
    L 『Crazy Dolls』

    監督:河原木宏尚
    1984年/日本/13分/カラー/デジタル/ワールドプレミア


    名古屋のパンクス、小劇場、舞踏などを総動員したサイバーパンク巨編として構想され、アフリカ・ロケまで敢行したが、未完に終わった作品。主演は中村達也と渡辺まちこ。The Star Club、白虎社など豪華な出演者にも注目。

    『Crazy Dolls』

    15:00~

    ③プロC『蟹牡丹』+D『サルビア姉妹』(2作品計74分)
    C 『蟹牡丹』

    監督:緑川珠見
    1995年/日本/38分/カラー/デジタル/ワールドプレミア


    封印された母と娘の愛憎の記憶を、鮮烈なイメージの連続で描く。静かな狂気に満ちた耽美な小宇宙。

    『蟹牡丹』
    D 『サルビア姉妹』

    監督:緑川珠見
    1995年/日本/36分/カラー/デジタル/ワールドプレミア


    モノローグ、インタビューと重なる女性たちの日常。コラージュの中から浮かび上がる、生のリアル。主演は舞踏家・川本裕子とダンサー・堅田知里。

    『サルビア姉妹』

    17:00~

    ⑦プロI『ねんねこりんりん』+J『とまとぴん』(2作品計70分)
    I 『ねんねこりんりん』

    監督:長谷川久
    1981年/日本/45分/カラー/デジタル/ワールドプレミア


    キャンプ感覚満載のトラッシュでキュートなSFラブ・メルヘン。壮大なスケールとチープな演出が冴え渡る80年代インディーズ・カルトの傑作!


    ★1981年ぴあフィルムフェスティバル入選

    『ねんねこりんりん』
    J 『とまとぴん』

    監督:長谷川久
    1982年/日本/25分/カラー/デジタル/ワールドプレミア


    そら子とナマオの出会いと別れ、奇跡の再会を描く奇想天外メロドラマ。少年王者舘の天野天街が野菜の妖精ニーナを怪演。


    ★1982年フジ8mmコンテスト入選

    『とまとぴん』

    2月24日(土)

    13:00~

    ④プロE『破壊する光は訪れる』+F『GARNET』(2作品計66分)
    E 『破壊する光は訪れる』

    監督:緑川珠見
    1996年/日本/30分/カラー/デジタル/ワールドプレミア


    夏の日に出会った男女の交感する欲望。言葉にならないエロティシズムが息苦しいほどに充満する。男を演じるのは、舞踏家・松下正己。

    『破壊する光は訪れる』
    F 『GARNET』

    監督:緑川珠見
    1996年/日本/36分/カラー/デジタル/ワールドプレミア


    幽霊の出る家の記憶。母への執着と恐怖。閉塞的な家庭の歪みと闇に捉われ続ける女性の独白。

    『GARNET』

    15:00~

    ⑤プロG『居田伊佐雄作品集1』(11作品計82分)
    G 『居田伊佐雄作品集1』

    監督:居田伊佐雄

    1『Far From the explosive form of fruit』1972年/日本/8分/カラー
    2『ASCENSION』1972年/日本/4分/カラー/サイレント
    3『マリリン・マグダリーン』1972年/日本/9分/カラー
    4『オランダ人の写真』1976年/日本/7分/カラー/サイレント
    5『気流』1975年/日本/14分/白黒/サイレント
    6『プレパラート(100フィート版)』1977年/日本/3分/カラー/サイレント
    7『鉱物学者』1977年/日本/11分/カラー/サイレント
    8『子午線通過』1977年/日本/5分/カラー
    9『ハンマー』1977年/日本/5分/カラー
    10『北半球』1878年/日本/9分/カラー
    11『満潮』1981年/日本/7分/カラー

    ※上映はすべてデジタルで行います


    デビュー作『Far from the explosive form of fruit』(1972)、『オランダ人の写真』(1976)、『子午線通過』(1977) など、ミニマルで緻密な構造映画11作品。

    『居田伊佐雄作品集1』

    17:00~

    ⑪プロP『天使の楽園』(1作品61分)
    P 『天使の楽園』

    監督:鈴木章浩
    1999年/日本/61分/カラー/35mm


    薔薇族映画として制作されながらもアート映画として国内外で高く評価された“アンチ・ヘテロ映画”。実験的手法によって描かれる、ゲイの青年の生と死を巡る物語。撮影は映像作家・黒澤潤。


    ★ロッテルダム国際映画祭、ぴあフィルムフェスティバルほか招待
    ※アフタートークあり。ゲスト:鈴木章浩(監督)

    『天使の楽園』

    2月25日(日)

    13:00~

    ⑥プロH『居田伊佐雄作品集2』(5作品計87分)

    1『エコー』1982年/日本/9分/カラー
    2『回路計』1983年/日本/15分/カラー
    3『影踏み』1983年/日本/14分/カラー
    4『地球の石』1986年/日本/36分/カラー
    5『大きな石小さな夜』1991年/日本/13分/カラー

    ※上映はすべてデジタルで行います


    『エコー』(1982)、『影踏み』(1983)、『大きな石小さな夜』(1991)など、自然や物質を驚異的な撮影技術で捉えることで静かな詩情を表出する、写実的作品集。

    『居田伊佐雄作品集2』

    15:00~

    ②プロB『TERMINAL USA』+K『乱・Easter』(2作品計73分)
    B 『TERMINAL USA』

    監督:ジョン・モリツグ
    1993年/USA/57分/カラー/デジタル/日本語字幕/日本初公開


    日系家族の闇を超ブラックなユーモアで描く。メジャーでは絶対不可能なフリークアウト・ホームコメディ。


    ★ロッテルダム国際映画祭ほか招待

    『TERMINAL USA』
    K 『乱・Easter』

    監督:河原木宏尚
    1981年/日本/16分/カラー/デジタル/ワールドプレミア


    大島渚をして「品性下劣!」と言わしめた超問題作。パンクと土着のアナーキズムが炸裂する。アングラ文化とパンクが融合した“ヴィジュアル・スキャンダル”。

    17:00~

    ⑨プロN『王国』(1作品84分)
    N 『王国』

    監督:金井勝
    1973年/日本/84分/カラー/デジタル


    “笑う銀河系三部作”最終章。ガラパゴス島ロケを敢行した信じがたい自主映画。大和屋竺、ゼロ次元の岩田信市、城之内元晴らアングラの名士も出演。アングラ帝王の面目躍如たる超大作。

    『王国』
    過去の上映一覧へ戻る