本日の予定

7/16

開館

  • x
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    UNDERGROUND CINEMA FESTIVAL’22 サイケデリックと越境の旅

    Date

    2022.12.24(土) 〜 12.25(日)

    会場: 3階 フィルムシアター

    お客様各位 (2021.11.2更新)

    京都文化博物館フィルムシアターでの映画ご鑑賞に際しまして、下記のご協力をお願いいたします。

    ●感染防止のための入場方法、上映形態の変更

    • 11/2よりシアターの収容率を100%に戻します。ただし、密集・密接を回避するため、できるだけ間をあけてお座りくださいますよう、ご協力お願い致します。
    • 必ずマスクをご着用ください。(ご協力いただけない場合、入場をお断りいたします)
    • 上映開始後の途中入場、立見につきましても、11/2より可とします。
    • 皆様がなるべく扉やドアノブに直接触る必要が無いように、また、密閉回避のための換気の促進も含めフィルムシアターの扉の一部を解放して上映を行います。

    ●密集・密接、飛沫感染を避けるためのお願い

    • 入退場に、密集しないよう前後のお客様と充分(最小1mできるだけ2mを目安に)距離をおとりください。
    • 身体の不自由な方、お年を召した方の着席等につきましては、お互いにご配慮、ゆずり合いをお願いします。
    • 飛沫感染を避けるため、展示場内・シアター内での会話をできる限りお控えいただき、咳エチケット等に充分ご配慮ください。
    • シアター入場時には入口に設置の消毒液で手指をご消毒ください。

    ※上記の対策は、状況に応じて予告なく変更されることがあります

    ◉開場は各日各回15分前

    12月24日(土)

    13:00〜

    【Dプログラム:日常と非日常のトリップ】
    『味覚革命論序説』

    1975年(カラー・50分)/
    監督:クリエイティヴ・アクションズ発見の会
    ※アフタートーク ゲスト:豊田勇造(ミュージシャン)

    『味覚革命論序説』
    『光風』

    1977年(モノクロ・11分)/監督:達智巳一

    12月24日(土)

    15:00〜

    【Aプログラム:おおえまさのり全作品1《N.Y.サイケデリック革命の時代》】
    監督:おおえまさのり
    1.『Four』

    1966年(モノクロ・4分)

    2.『Creation』

    1967年(カラー・5分)

    3.『Head Games』

    1967年(カラー・10分)

    4.『Between the Frame』

    1967年(カラー・17分)

    5.『end』

    1967年(モノクロ+カラー・16分)

    6.『Salome’ s Child』

    1967年(カラー・6分)

    『Salome’ s Child』
    7.『No Game』

    1967年(モノクロ・17分)

    8.『Great Society』

    1967年(カラー・17分)

    『Great Society』
    9.『Yip-Out』

    1967年(カラー・2分)

    10.『S No.1』

    1968年(モノクロ・5分)

    『S No.1』

    12月24日(土)

    17:00〜

    【Bプログラム:おおえまさのり全作品2《東洋のサイケデリア》】
    監督:おおえまさのり
    1.『天路遍歴の神話』

    1970年(カラー・10分)

    2.『リンガラジャ~空なるものの愛に捧げる詩』

    1971年(カラー・60分)

    『リンガラジャ~空なるものの愛に捧げる詩』

    12月25(日)

    11:00〜

    【Eプログラム:越境する、金井勝】
    1.『GOOD-BYE』

    1971年(モノクロ・52分)

    『GOOD-BYE』
    2.『スーパードキュメント 前衛仙術』

    2003年(カラー・33分)

    『スーパードキュメント 前衛仙術』

    12月25日(日)

    13:00〜

    【Cプログラム:越境の旅、越境する音楽】
    『ザ・タージ・マハル・トラベラーズ~「旅」について』

    1973年(カラー・103分)/監督:大野松雄

    ※アフタートーク
    ゲスト:鈴木卓爾(映画監督)、細馬宏通(行動学者)

    ・大野松雄(音響デザイナー)さんの登壇はキャンセルとなりました。

    『ザ・タージ・マハル・トラベラーズ~「旅」について』

    12月25日(日)

    16:00〜

    【Fプログラム:70年代クィーア・シネマの発見】
    『バイバイ・ラブ』

    1974年(カラー・85分)/監督:藤沢勇夫

    『バイバイ・ラブ』

    12月25日(日)

    18:00〜

    【Gプログラム:N.Y.アンダーグラウンドの光と影】(1作品・90分)
    『アンダーグラウンド・イン・N.Y.』(原題:UNDERGROUND AND EMIGRANTS)

    1976年(カラー・90分)/監督:ローザ・フォン・プラウンハイム
    《本邦初公開・日本語字幕》

    『アンダーグラウンド・イン・N.Y.』
    料金
    一般1,300円/学生:1,000円/障害者手帳をお持ちの方・京都文化博物館友の会会員:800円
    *上記割引の対象になる方は、必ず各種会員証・手帳をご持参ください。
    *当館友の会会員は、オンラインでのチケット購入はせず、当日本館3階の映画祭受付にてチケットを購入ください。
    オンライン販売URL https://lit.link/UCF(一般1,300円/学生1,000円のみ)
    問合せ
    info@art-saloon.site
    過去の上映一覧へ戻る