本日の予定

5/25

開館

  • x
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • TOP
    Title

    第43回ぴあフィルムフェスティバル in 京都

    Date

    2022.1.8(土) 〜 1.16(日)

    会場: 3階 フィルムシアター

    ぴあフィルムフェスティバル(PFF)は、"映画の新しい才能の発見と育成"をテーマに、当時、まだ観る機会の少なかったインディペンデント映画の面白さを広く伝えるため、1977年にスタートした映画祭です。
    メインプログラムは、第 1 回より続く自主映画のコンペティション「PFF アワード」。入選者の中から、これまでに黒沢清、園子温、塚本晋也、佐藤信介、李相日、荻上直子、石井裕也監督など 160 名を超えるプロの映画監督を輩 出し、新しい才能が集う場所として広く認知されるようになりました。
    今年 43 回を数える「ぴあフィルムフェスティバル」は、9月の東京開催に続き、4年ぶりの京都開催が実現。関西初上陸、未配信作含む 23監督 49作品をお届けします。



    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】

    軽やかにしなやかに、37歳にして既に長編監督作が7本!
    世界が注目するタイのデジタル世代の俊英は必見!!

    【PFFスカラシップ作品】

    「PFFアワード」グランプリ受賞監督の長編デビュー作2本を、劇場公開に先駆けて関西エリア初上映!

    【PFFアワード2021】

    この新しさ、可笑しさ、切実さ...。観ればきっと心に刺さる、489本の応募作から選ばれた天下無双の18作品。

    【森田芳光70祭】

    没後10年、天才・森田芳光を再発見する特集。1978年のPFF入選作など、監督の原点と言える伝説の8ミリも。

    【スペシャルプログラム】

    PFFとピーター・バラカン氏のコラボ企画「ブラック&ブラック」で 日本初上映した音楽映画を特別上映!

    お客様各位 (2021.11.2更新)

    京都文化博物館フィルムシアターでの映画ご鑑賞に際しまして、下記のご協力をお願いいたします。

    ●感染防止のための入場方法、上映形態の変更

    • 11/2よりシアターの収容率を100%に戻します。ただし、密集・密接を回避するため、できるだけ間をあけてお座りくださいますよう、ご協力お願い致します。
    • 必ずマスクをご着用ください。(ご協力いただけない場合、入場をお断りいたします)
    • 上映開始後の途中入場、立見につきましても、11/2より可とします。
    • 皆様がなるべく扉やドアノブに直接触る必要が無いように、また、密閉回避のための換気の促進も含めフィルムシアターの扉の一部を解放して上映を行います。

    ●密集・密接、飛沫感染を避けるためのお願い

    • 入退場に、密集しないよう前後のお客様と充分(最小1mできるだけ2mを目安に)距離をおとりください。
    • 身体の不自由な方、お年を召した方の着席等につきましては、お互いにご配慮、ゆずり合いをお願いします。
    • 飛沫感染を避けるため、展示場内・シアター内での会話をできる限りお控えいただき、咳エチケット等に充分ご配慮ください。
    • シアター入場時には入口に設置の消毒液で手指をご消毒ください。

    ※上記の対策は、状況に応じて予告なく変更されることがあります



    主催
    一般社団法人PFF 共催:京都文化博物館
    公式HP
    https://pff.jp/43rd/kyoto/
    お問い合わせ
    【〜1/7まで 平日11時〜18時】一般社団法人PFF 03-5774-5296
    【1/8〜16まで 10時〜21時】直通ナビダイヤル 070-4544-7569

    ■チケット料金

    一般・シニア 1,300円 学生・障がい者・友の会 800円
    ※学生、障がい者、友の会の方は、入場時に証明ができるものをご提示ください。

    ■チケットぴあ 購入方法

    購入は以下2つの方法がございます。
    方法①インターネット購入(こちらからチケット購入ください
    方法②セブン-イレブンで直接購入
    ※チケットは会場では発券できません。必ず、各コンビニで発券のうえご来場ください。
    チケットぴあ[Pコード:551-866]にて発売
    ※会場でのチケット販売(当日券)はありません。ご注意ください。



    1月8日(土)

    11:00~

    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】
    『36のシーン』

    英題:36/2012年タイ(カラー・68分)/監督:ナワポン・タムロンラタナリット/出演:コラミット・ワッチャラサティアン、ワンロット・ルンカムジャット
    釜山国際映画祭ニューカレンツ部門最高賞を受賞した長編処女作。ロケハン係のサーイと美術監督のウムの淡い恋の行方を36のワンシーン・ワンショットで紡ぐ。アナログとデジタルを自在に行き来する実験的手法に驚嘆。

    『36のシーン』
    (C)Very Sad Pictures

    1月8日(土)

    14:00~

    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】
    『ダイ・トゥモロー』

    英題:Die Tomorrow/2017年タイ(カラー・75分)/監督:ナワポン・タムロンラタナリット/出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、サニー・スワンメーターノン、パッチャヤー・プーンピリヤ
    「自分が明日死んでしまうかも…」と感じた監督が、遺書のつもりでつくったという実験作。フィクションとインタビューを交えながら、誰にも必ず訪れる死を、独自の視点で美しく詩的に綴っている。ベルリン国際映画祭出品。

    『ダイ・トゥモロー』

    1月8日(土)

    17:00~

    【PFFスカラシップ作品】
    『裸足で鳴らしてみせろ』

    2021年(カラー・128分)監督:工藤梨穂/出演:佐々木詩音、諏訪珠理、伊藤歌歩、甲本雅裕、風吹ジュン
    「代わりに世界を見てきてほしい」。盲目の養母ミドリのため、二人の青年はレコーダーを手に“世界旅行”へ…。『オーファンズ・ブルース』の工藤梨穂監督による、観る者を揺さぶる力作。ロッテルダム国際映画祭に出品決定。

    『裸足で鳴らしてみせろ』
    (C)PFFパートナーズ=ぴあ、ホリプロ、日活/一般社団法人PFF

    1月9日(日)

    11:00~

    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】
    『マリー・イズ・ハッピー』

    英題:Mary Is Happy, Mary Is Happy/2013年タイ(カラー・127分)監督:ナワポン・タムロンラタナリット/出演:パッチャー・プーンピリヤ、チョンニカーン・ネートジュイ、ワスポン クリアンプラパーキット
    実在する女子高生マリーが投稿した400通以上ものツイートを使用し物語が繰り広げられる新感覚ガールズムービー。思春期の心の揺らぎや危うさを演技初挑戦の主演2人が見事に表現。ヴェネチア国際映画祭出品。

    『マリー・イズ・ハッピー』

    1月9日(日)

    14:00~

    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】
    『あの店長』

    英題:The Master/2014年タイ(ドキュメンタリー・カラー・80分)
    監督:ナワポン・タムロンラタナリット/出演:ペンエーグ・ラッタナルアーン、ソンヨット・スックマークアナン、バンジョン・ピサンタナクーン
    かつてバンコクに存在した海賊版ビデオショップについて、元常連客や関係者たちが回想するドキュメンタリー。謎めいた店長や出会った数々の映画について語るうち、いつしかテーマは海賊版の存在意義というスリリングなものへ。

    『あの店長』

    1月9日(日)

    17:00~

    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】
    『フリーランス』

    英題:Heart Attack(Freelance)/2015年タイ(カラー・127分)
    監督:ナワポン・タムロンラタナリット/出演:サニー・スワンメーターノン、タビカ・ホーン、ヴィオレット・ウォーティア
    タイ最大手の映画会社に大抜擢され制作した初メジャー作品にして、自国アカデミー賞8冠を獲得した作品。過酷な労働を続けるフリーランスのデザイナーと女医が織り成すラブコメディ。原題は『病むな、休むな、医者を好きになるな』。

    『フリーランス』

    1月10日(月・祝)

    11:00~

    【スペシャルプログラム】
    『ママ・アフリカ ミリアム・マケバ』

    英題:Mama Africa/2011年フィンランド(ドキュメンタリー・カラー・90分)
    監督:ミカ・カウリスマキ/出演:ミリアム・マケバ
    南アの伝説的な歌手でグラミー賞受賞者ミリアム・マケバ。彼女の音楽と人種差別と闘い続けた生涯をたどるドキュメンタリー。PFFとピーター・バラカン氏とのコラボ企画「映画と音楽~ブラック&ブラック」で日本初公開。

    『ママ・アフリカ ミリアム・マケバ』

    1月10日(月・祝)

    14:00~

    【PFFアワード2021】
    『グッバイ!』

    ★準グランプリ★
    2021年(カラー・31分)監督:中塚風花
    就職、上京という変化の時期を迎えた監督が、自らカメラを持ち、家族と、世界と向きあった、手探りのセルフドキュメンタリー。フィクションでは描けない、奇跡のようなカットと言葉の数々に、今泉力哉監督も驚愕!

    『グッバイ!』
    『五里霧中』

    2021年(カラー・40分)監督:曽 子明
    廃墟の並ぶ中国の町で、闇商売でしのぐ若者たち。主人公パンは恋人や後輩が新天地へ向かおうとする中、どうにかもがいていく…。閉塞感や焦り、葛藤を表現するためのロケーション選びや撮影センスが素晴らしい。

    『五里霧中』
    『ROUTINE』

    2021年(カラー・21分)監督:宮原拓也
    清掃員ミトの職場に現れた青年。無言でジャグリングばかりしている不思議な男だが、その才能を清掃作業にも活かせる事に気づく…。リズミカルな動きとメロディがクセになる、気持ちのいいバディ映画!監督はドラマーでもある。

    『ROUTINE』

    1月10日(月・祝)

    17:00~

    【PFFアワード2021】
    『県民投票』

    2021年(カラー・92分)監督:大場丈夫
    原発再稼働の是非を問う「県民投票」をめぐるドキュメンタリー。自分自身で政治について考える大切さをよびかけ、対話を重ねる人々を映すカメラは実際の茨城県議会に入り、議論の様子が映されているのも衝撃!

    『県民投票』
    『Journey to the 母性の目覚め』

    ★審査員特別賞★
    2021年(カラー・5分)監督:岡田詩歌
    中学校への登校中、突然”母性”に目覚めた私。結婚や妊娠、子育て、様々な年代で私につきまとう母性をめぐる言説。5分間のポップな映像の中に、多様で鋭い視点と、多彩なテクニックが大胆に渦巻いて輝く傑作。

    『Journey to the 母性の目覚め』
    『壁当て』

    <ゲスト:井上朝陽(監督)>
    2021年(カラー・10分)監督:井上朝陽
    一人で壁に向かって野球の練習に励む少年。そこに現れた、チームメイトのライバル。”壁当て”の淡々としたリズム、最小限のセリフで、2人のヒリヒリした関係を緻密に描く。そして、人を観察するような猫の存在感!

    『壁当て』

    1月12日(水)

    14:30~

    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】
    『ハッピー・オールド・フィルムズ1』

    英題:Happy Old Films 1/2010~2011年タイ(カラー・96分)
    監督:ナワポン・タムロンラタナリット
    北野武を思わせるドライな暴力シーンや、岩井俊二のような少女たちの繊細で残酷な世界など、邦画の影響を受けつつも、独創的で多彩な作風がすでに確立しているのがわかる、ここでしか見られない貴重な短編3本立て。

    『ハッピー・オールド・フィルムズ1』

    1月12日(水)

    18:00~

    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】
    『ハッピー・オールド・フィルムズ2』

    英題:Happy Old Films 2/2011~2018年タイ(カラー・86分)/監督:ナワポン・タムロンラタナリット
    このアイデアは、どこから出てくる?!驚きと喜び満載の短編作品、CM、ミュージックビデオなど、監督が自ら選んだ16編。その後の長編作品に発展していった作品もあり、ナワポン監督の脳細胞がぎゅっと詰まったプログラム。

    『ハッピー・オールド・フィルムズ2』

    1月13日(木)

    14:30~

    【ナワポン・タムロンラタナリット監督特集 ~タイからの新しい風~】
    『BNK48: Girls Don’t Cry』

    英題:BNK48: Girls Don’t Cry/2018年タイ(カラー・108分)
    監督:ナワポン・タムロンラタナリット/出演:チャープラン・アーリークン、スチャヤー・セーンコート、ジラダーパー・インタジャック
    バンコクで活動する、AKB48の姉妹グループBNK48。日々、過酷な競争に身を置く少女たちが、カメラの前で、個性を満開に気持ちを吐露していく姿を、シンプルなインタビュー映像に凝縮させた、ナワポンの距離が鬼か神。

    『BNK48: Girls Don’t Cry』
    (C)2018 BNK48 Office & Salmon House Co., Ltd. All Right Reserved.

    1月13日(木)

    18:00~

    【PFFアワード2021】
    『豚とふたりのコインランドリー』

    ★審査員特別賞★
    2021年(カラー・22分)監督:蘇 鈺淳
    台北のコインランドリー。洗濯に来た男とそこにいた女の時間をワンカットで描いた野心作。人生で数多ある、偶然の短い出会いの瞬間を捉えた、まるで魔法のような22分間。鑑賞後も続く余韻に、人を信じたくなる。

    『豚とふたりのコインランドリー』
    『Parallax』

    2021年(カラー・34分)監督:野辺ハヤト
    列になって並ぶ謎の生き物たち。ある者は選ばれ、ある者は選ばれない…。抽象的な映像と音楽がシンクロし、自分の中のさまざまなイメージが解放されていく。「視差」を意味するタイトル通り、自由な解釈が楽しい!

    『Parallax』
    『巨人の惑星』

    2021年(カラー・25分)監督:石川泰地
    自分の世界に引きこもる、大学時代の友人。彼は「夜の東京には巨人がいる」と熱弁しだす…。巨人は彼の妄想なのか?所々入れ込まれるユーモアに、俯瞰的な視点も楽しい。最後までしっかり目を凝らして観るべし!

    『巨人の惑星』

    1月14日(金)

    14:30~

    【PFFスカラシップ作品】
    『猫と塩、または砂糖』

    2020年日本(カラー・119分)監督:小松 孝/出演:田村健太郎、宮崎美子、吉田凜音、池田成志、諏訪太朗
    社会を拒絶した長男、慎ましい母、アル中&糖尿病の父の3人で暮らす、佐藤家。そこへ母の元カレとその娘も加わった、奇妙な同居生活がスタートする…『食卓』小松孝監督のシニカルなユーモアと、クセのある演出は必見!

    『猫と塩、または砂糖』
    (C)PFFパートナーズ=ぴあ、ホリプロ、日活/一般社団法人PFF

    1月14日(金)

    18:00~

    【PFFアワード2021】
    『サイクルレース』

    2021年(カラー・5分)監督:倉澤紘己
    自転車のレースの途中、気づけば道を外れて1人走り続け…。延々と続く道、自転車のリズム、見守る電灯。点描画のような粗い粒子のアニメーションと、響き続ける音のすさまじさが、独創的な魅力を放っている。

    『サイクルレース』
    『愛ちゃん物語♡』

    ★エンタテインメント賞(ホリプロ賞)&映画ファン賞(ぴあニスト賞)★
    2021年(カラー・88分)監督:大野キャンディス真奈
    母を失い、厳しい父のもと友情も知らずに生きてきた高校生の愛。ある日、聖子さんとの出会いで、彼女の世界は一変する!衣装や美術などのこだわりも詰まった、あらゆる観客を楽しませる、ポップでキュートな成長物語。

    『愛ちゃん物語♡』

    1月15日(土)

    11:00~

    【森田芳光70祭】
    『ライブイン茅ヶ崎』

    1978年日本(カラー・85分)監督:森田芳光/出演:青木真巳、石井 保、三沢信子
    茅ヶ崎で生まれ育った湘南ボーイ達の飾り気のないリアルな日常が、独特のリズミカルな構成で綴られる、瑞々しい青春映画。森田監督の最後の8mm映画であり、商業映画へのステップとなった記念碑的作品。


    【トーク】三沢和子(映画プロデューサー)

    『ライブイン茅ヶ崎』

    1月15日(土)

    14:00~

    【森田芳光70祭】
    『の・ようなもの』

    1981年日本(カラー・104分)監督:森田芳光/出演:秋吉久美子、伊藤克信、尾藤イサオ
    古典落語の修業に励む二ツ目の落語家の恋と青春を描いた、森田監督の鮮烈な劇場映画デビュー作。35mm長編映画を自主制作するという、まさかの挑戦に話題沸騰。軽快でスタイリッシュ、そして愛らしい夢の映画だ。


    【トーク】三沢和子(映画プロデューサー)

    『の・ようなもの』
    (C)1981N.E.W.S. CORPORATION

    1月15日(土)

    17:00~

    【森田芳光70祭】
    『(ハル)』

    1996年日本(カラー・118分)監督:森田芳光/出演:深津絵里、内野聖陽、戸田菜穂
    パソコン通信によって見知らぬ男女が出会い、恋が生まれるまでを描いたラブストーリー。96年当時、まだ一般化していない「メール」を世界で初めて取り入れた。メール特有の距離感や心の繋がりが、今だからこそより鮮明に伝わる!


    【トーク】三沢和子(映画プロデューサー)

    『(ハル)』
    (C)光和インターナショナル

    1月16日(日)

    11:00~

    【PFFアワード2021】
    『帰路』

    <ゲスト:高橋伊吹(監督)>
    2021年(カラー・19分)監督:高橋伊吹
    10時42分、少年は高校を抜け出す…。何も起こっていないようで何かが起こっている家への帰路。10代にしか撮れないような、目まぐるしくきらめくセンス!当時高校生だった高橋監督は現在、立命館大学に在学中。

    『帰路』
    『距へだててて』

    ★観客賞★
    <ゲスト:加藤紗季(監督)、豊島晴香(脚本)>
    2021年(カラー・78分)監督:加藤紗希
    同じ家に住むアコとサンを中心として描かれる、家で暮らす者、訪れる者、出ていく者。様々なアプローチで時間・空間表現に挑むオムニバス。そして映画は家の外へ!予想を超える驚きの展開は、他に似たものがない!

    『距へだててて』

    1月16日(日)

    14:00~

    【PFFアワード2021】
    『苺のジャムとマーガリン』

    <ゲスト:宮永咲弥花(監督)>
    2021年(カラー・10分)監督:宮永咲弥花
    大好きな彼が好きな、苺のジャムとマーガリン。日々喜びや苦悩を感じる多感な時期に、高校生たちはいかに自らを表現するのだろうか?当時高校生だった、宮永監督の危うくてヒリヒリするようなワードセンスに、心がザワつく!

    『苺のジャムとマーガリン』
    『転回』

    ★審査員特別賞★
    2021年(カラー・14分)監督:岩﨑敢志
    志向の違う若手芸術家カップルの元に、界隈では有名な芸術家の男が現れたことで、2人の感情や意識に変化が訪れる…。密度の高い会話、強度のあるショットなど、狭い空間で緻密に計算された演出と撮影に唸る!

    『転回』
    『夜の帳につつまれて』

    2021年(カラー・70分)監督:松林悠依
    裕也は、育児放棄されていた小学生・海斗を連れて旅に出る。親切な人々との出会いや母親との再会を通し、裕也は自分自身を見つめ直す。生きることの温かさと苦しさを力強く描く、初監督とは思えぬ堂々たる長編に拍手。

    『夜の帳につつまれて』

    1月16日(日)

    17:00~

    【PFFアワード2021】
    『みなみとあした』

    2021年(カラー・22分)監督:林崎征大
    2011年3月10日。先輩の家で恋愛相談をしている大学生みなみを中心に、男女4人の恋や友情が交差する一夜。震災前日という、かつてあった時間に、ありえたかもしれない物語が観客の記憶を刺激していく。

    『みなみとあした』
    『ばちらぬん』

    ★グランプリ★
    <ゲスト:東盛あいか(監督)>
    2021年(カラー・61分)監督:東盛あいか
    タイトルは「忘れない」という与那国語。消滅危機言語だ。与那国の持つ記憶や文化を、フィクションとドキュメンタリーの融合で昇華させた実験作。何かを伝えることの純粋で強い意志が全編に漲り、池松壮亮さん絶賛。

    『ばちらぬん』
    過去の上映一覧へ戻る