令和元年10月1日
公益財団法人京都文化財団

 令和元年9月26日実施しました上記相談の概要について、下記のとおり報告します。

 文化財に関するよろず相談は、平成元年の創設以来31年を迎え、文化財所有者等関係者には浸透していると思われますが、実施するにあたり、宗教4団体に対する会員への周知依頼や宗教法人に対する全戸配付、京都仏教会会報への告知掲載、さらに文化財所有者の会等への参加により、積極的な広報活動に努めたところです。
 今年度は、これまで複数会場で実施していた相談を当館での1回のみとしましたが、そのためこれまで各会場で希薄となっていた相談が1会場に集まり、濃密な相談会になったと思われます。
相談件数内訳では、昨年多かった建造物関係の相談とは異なり、美術工芸品の保存・修復、及びその助成金等の公的助成に関する相談が目立ちました。  今後も会場の検討、時間帯の設定も考慮し、関係機関・団体等との連携を深め、文化財を所有する宗教法人・団体を対象に文化財保護の普及啓発に努めてまいりたいと考えております。

1 相談者数  (  )は、前年度

会場・時間相談者数
京都文化博物館別館2階講義室
9月26日(木)10:00~15:00
20(15)

上の内訳

社寺等の別神社 3(5)
寺院15(8)
団体
(自治体)
 0(1)
個人 2(1)


所在地域別京都市 9(5)
その他の市11(10)
町村 0(0)
その他(他府県) 0(0)
未回答 0(0)

2 相談件数(延数)

・相談総数は33件で、その相談内訳は次のとおりです。

種別保存・修理の方法等保存・修理の補助制度保存・修理の貸付制度その他
指定未指定指定未指定指定未指定指定未指定指定未指定
建造物関係    2    101    215
2  1 1 1  
美術工芸品関係77317
  1    
その他(民俗資料等)  11
  11 
9171633
2 11  211 

第31回文化財保護のよろず相談会

〈9月26日 京都文化博物館別館2階講義室〉

第31回文化財保護のよろず相談会の様子 第31回文化財保護のよろず相談会の様子