京都府京都文化財団

京都文化博物館

京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
営業時間は店舗によって異なります。
詳しくはこちら→店舗のご案内

別館沿革
店舗情報

過去の京の至宝と文化

近衞家 王朝のみやび 陽明文庫の名宝4
古典の英華 ー『源氏物語』と古筆切ー

youmei4
▲渡辺始興「春日権現霊験記絵巻」 巻四部分 陽明文庫蔵
■ 会 期:2014年9月6日(土) - 2014年11月3日(月)
■ 会 場:2F 総合展示室
近衞家に伝わった貴重な資料の中から、国宝「御堂関白記」や重要文化財「源氏物語」、同「古今和歌集」を始めとする選りすぐりの名品を紹介します。

源氏絵の時代-近世の京都と源氏物語-

genzi_01
▲「源氏物語図扇面 初音」(京都府蔵 京都文化博物館管理) 桃山時代
■ 会 期:2014年9月5日(金) - 2014年11月16日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室
日本の王朝文学の傑作である『源氏物語』は、日本美術の歴史においても、最も重要なテーマの一つであり続けてきました。物語の主人公、光源氏と紫の上が生きる舞台は、宮廷文化が優雅と洗練を極めた平安時代の社会です。ある読者は、そこに華やかな宮廷生活を思い描き、また時々の権力者や貴族たちは、光源氏の理想と現実に自らを重ね合わせました。『源氏物語』は王朝文化の美しさと、天皇家と貴族たちの高貴な血統の力を体現した物語であり、貴族社会のアイデンティティそのものだったのです。

近世公家の家職と衣装

kinsei01
▲春草花文様掻取 江戸時代後期
■ 会 期:2014年6月27日(金) - 2014年8月31日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室

東寺百合文書 ー地域の記憶とその継承ー

byakugo1
▲東寺百合文書 ム函63号、学衆方第一箱 重書目録(部分) 京都府立総合資料館蔵
■ 会 期:2014年4月2日(水) - 2014年6月22日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室

京都府所蔵の雛人形

gotenhina
▲御殿雛(大正時代)
■ 会 期:2014年1月25日(土) - 2014年3月28日(金)
■ 会 場:2F 総合展示室
営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
飲食店は20時30分まで入店できます

別館沿革
店舗情報
ページの先頭へ