開催趣旨

 本展では、明治後期から昭和にかけて活躍した京都出身の洋画家・西川純(1886-1974)が描いた京都の街並みを紹介します。西川は、明治後期に鹿子木孟郎の室町画塾、浅井忠の聖護院洋画研究所、関西美術院に学び、多くの優れた素描を残しました。岡崎、銀閣寺道、白川村、浄土寺村などの風景を鉛筆で描き、当時の様子を今に伝えます。風景の他にも、浅井忠に指導を受けた人物デッサン、1903(明治36)年に開園した京都市動物園で見た動物の写生などがあり、明治後期の画塾でのデッサン技術の高さを物語っています。
 昭和に入ると、西川は記憶を頼りに昔の京都の街並みを描き、「京の家々集」として、300点余りを残しました。京都の面影をよく表した作品は、人々の中に眠る懐かしい記憶を呼び起こします。
 今回の展示では、初期の明治期のデッサンを中心に、水彩画、油彩画を含む、京都の風景にまつわる西川の画業の一端を紹介します。

基本情報

会  期:
2022年10月15日(土)~12月11日(日)
休 館 日:
月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
入 場 料:
一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
* 総合展示(2階)とフィルムシアター(3階)をご覧いただけます
(フィルムシアターは催事により有料の場合があります)
会  場:
京都文化博物館 2階総合展示室「京の至宝と文化」(北室)
開室時間:
10:00~19:30(入場は19:00まで)
主  催:
京都府、京都文化博物館

イベント

ギャラリートーク
(「京都洋画新人展 1967-1975」展と同時開催)
日時:11 月 18 日(金)
午後 2 時から展示室内で行います。(30 分程度)
事前申込み不要、当日の入場者に限ります。




《京都東山銀閣寺附近》
《京都東山銀閣寺附近》1905(明治38)年4月24日





《青年スケッチ》
《青年スケッチ》1906(明治39)12月12日

「浅井先生の指導の畧圖」との書き込みもあり、
関西美術院で浅井忠から教えを受けていた様子
をうかがうことができる。





《裸婦スケッチ》
《裸婦スケッチ》1908(明治41)年1月31日





《(馬頭部)》
《(馬頭部)》1908(明治41)年6月3日

同年5月5日に描いた馬のスケッチには、「松ヶ崎の農家にて」
とのメモ書きがある。





《岡崎美術院の裏》
《岡崎美術院の裏》1905(明治38)年10月13日

西川が通った関西美術院の裏手風景を描いたと思われる。





《四条の南座と磧の涼み風景:京の家々集 no.97》
《四条の南座と磧の涼み風景:京の家々集 no.97》
1969(昭和44)年

《祇園町と知恩院の遠望:京の家々集 no.113》
《祇園町と知恩院の遠望:京の家々集 no.113》

西川純が京の家々のスケッチを始めたのは、1952、53年頃からだという。
戦後の開発や改築で変貌を遂げていく京の町の姿を惜しみ、
絵で残したいと考え、史蹟指定等になっていない民家を中心に描いたのだという。





《三条通高倉 日本銀行京都支店 . 現平安博物館:京の家々集 no.156》
《三条通高倉 日本銀行京都支店 . 現平安博物館:京の家々集 no.156》





《三条通東洞院 郵便局前から東方を見る: 京の家々集 no.150》
《三条通東洞院 郵便局前から東方を見る:
京の家々集 no.150》



西川 純 (1886-1974年)

京都に生まれる。本名は純二。手描友禅の仕事に従事していたが、大下藤次郎の水彩画に惹かれ、
1904(明治37)年に鹿子木孟郎(かのこぎ たけしろう)の室町画塾に入門。この時、鹿子木、
都鳥英喜、黒田重太郎らとともに難波駅前の南地パノラマ館で『日本海海戦パノラマ』を制作した。
室町画塾が閉鎖されると浅井忠の聖護院洋画研究所に移り住み、その後、関西美術院に学ぶ。
大阪三越呉服店衣装部、島津製作所に勤めながら、京都市展、京展へ出品、朝日会館や丸善画廊で
個展を開催している。初期の鉛筆画からはデッサン力の高さが見てとれるが、初期の油彩画の作例は
ほとんど伝わっていない。
晩年は京の民家や街並みをスケッチして歩いたり、また記憶を頼りに昔の風俗を描くなどした。



出品作品一覧は【こちら】