国の重要文化財 近代和風建築「野村碧雲荘」の見学参加者募集のご案内

開催要項
日 時 :
2020年3月3日(火)・3月4日(水) ※見学時間は約1時間です。
3月3日(火):
・午前10時30分〜〔1班〕
・午後1時30分〜〔2班〕
・午後3時00分〜〔3班〕
3月4日(水):
・午前10時30分〜〔4班〕
・午後1時30分〜〔5班〕
・午後3時00分〜〔6班〕
場 所 :
野村碧雲荘へきうんそう(京都市左京区南禅寺下河原町37)
内 容 :
国の重要文化財「野村碧雲荘」の見学
※野村碧雲荘の担当職員が解説を行います。
※建物は、外部からの見学となります。
※苑路は飛び石、段差の多い砂利道となっていますので、運動靴等の歩きやすい履物でお越しください。
募集定員:

90名(1班〜6班の計)※応募多数の場合は抽選となります。

参加料 :
無料
応募方法

往復はがきによる申込み(1人1通限り、1通で1人まで申込み可。尚、当選者でない当日の同伴者は見学できませんのでご了承ください)

対 象 :
見学会当日に満16歳以上の方
申込期間:
2019年11月25日(月)から12月20日(金)迄(当日消印有効)
往信用の裏/
「野村碧雲荘見学会」と明記のうえ、御希望の日付・時間帯(班)、住所、氏名、年齢、電話番号を記載してください。
返信用の表/
申込者の郵便番号、住所、氏名を記載してください。
個人情報について ー 申込者の個人情報は、申込者と文化財研修講座に関する御連絡をとる必要がある場合など、当財団の事業活動に限って使用します。
応募宛先:
〒604−8183
  京都市中京区高倉通三条上ル 京都文化博物館内
  (公財)京都文化財団 文化財保護基金担当宛
お問合せ:
文化財保護基金室(TEL:075-213-3660) 10:00-18:00(月曜日を除く)
応募多数の場合は抽選を行います。当選者の発表は「参加証」の発送をもって代えさせていただきますので、予めご了承ください。集合場所などは「参加証」にてお知らせいたします。

主 催 :
公益財団法人京都文化財団、京都文化博物館
後 援 :
京都府・京都府教育委員会
協 力 :
碧雲荘運営事業組合

*こちらから 野村碧雲荘研修講座参加者募集案内2をダウンロードしていただけます。



野村碧雲荘について

野村碧雲荘は、旧野村財閥の創業者である野村徳七氏が大正6年から11ヵ年を費やして完成させた邸宅。京都市左京区南禅寺に位置し、東山を借景とした大きな池の周囲に数々の数奇屋建築を配す。
敷地は約1万7,300平方メートル(南北100m、東西220m)。建築は北村捨次郎氏、庭園は7代目小川治兵衛父子が手がけた。
重要文化財指定は、大書院、中書院のほか、茶室や能舞台など17棟。当時の最高の素材と技が結集された数奇屋風の建物である。