「あおきさとこ個展 – 終わりのない線画と動物たち–
Aoki satoko Solo exhibition of Textile & design vol.5 」   – 別館「arton art gallery」


別館店舗「arton art gallery」では、「あおきさとこ個展 – 終わりのない線画と動物たち– Aoki satoko Solo exhibition of Textile & design vol.5 」 を開催中です。



DSCN4964 DSCN4966

DSCN4959▲「いいにおいの居るところ」水彩 紙 顔料インク 桐 H510×W660mm artn1902-1
▲「希望の呼吸」H513×W727mm ウール、酸性染料/筒描染



基本情報

会  期:
2019年2月19日(火)~3月17日(日)
会  場:
京都文化博物館 別館1F「arton art gallery」
時  間:
10:00~19:30
*8日, 10日, 12日は18:00まで
休 廊 日:
月曜日

作家紹介

《略歴》

1986年
広島県生まれ
2010年
広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科染織造形専攻 卒業
2012年
広島市立大学院博士前期課程芸術学研究科造形計画専攻染織造形領域 修了
2012-14年
広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科染織造形専攻 非常勤助教
文化服装学院 広島校 アパレルデザイン科 非常勤講師
2014年
京都に拠点を移す
2018年
oko. design 開業
現 在
toko. designとして手描きを生かしたデザイン業と、あおきさとことして作家活動(染色家)を行なっている


《受賞歴》

2011年
「広島KAZARU展」頼山陽史跡資料館 広島市教育委員会賞 受賞
2012年
「第15回広島市立大学芸術学部卒業・修了作品展」広島市立大学修了制作優秀賞/ 作品買上
2012年
「第67回新匠工芸展」東京都美術館・京都市美術館別館 佳作賞 受賞
2013年
「京都美術ビエンナーレ」京都文化博物館 朝日新聞社賞 受賞
2013年
「広島KAZARU展」頼山陽史跡資料館 奨励賞 受賞
2016年
「京都文化ベンチャーコンペティション」京都府知事賞優秀賞、くろちく賞W受賞
2016年 2018年
「京都府新鋭選抜展」京都文化博物館 毎日新聞社賞 受賞
2018年
「Independent Tokyo 2018 」ヒューリックホール 審査員特別賞 受賞
2018年
「WONDER SEEDS 2018 」入選、買上
2013年
「次世代工芸展」京都市美術館別館 全3点入選
2011年 2013年
「京展」京都市美術館 入選

about toko

デザインから一点モノの手染まで 、1人の作家の世界感を“手描き”からカタチにしていくブランド。 “心持ちをつなぐART”をコンセプトに、身近な生活雑貨から大きな染色作品まで、作家の独特な世界観を通じて、日々の暮らしの中で“心持ち”が前向きになれるような、物語性のあるデザインを提供しています。 デザインは「水彩」や「パステル」をベースに、染色は染道具の「筒」を用いて、線一本一本を絞り出しながら、らくがきをするように自由に描き続ける手法で染めていく。ほぼ下書きなく手描きしていく終わりのない線画が特徴的。


exhibition concept

染色家兼手描きデザイナーであるあおきさとこ5回目の個展(アートンアートギャラリーでは2回目です) 毎年テーマを変えて描き下ろし続けた「春はじまり」のカレンダーが今年で10年目になるので、 それを記念して10年分の原画やカレンダー(約120点)を展示。 やさしい色合いで描かれた季節感のあるさまざまな動物たちのイラストをご覧ください。 今年度のカレンダー、10年目のテーマは「線画」ということで、この作家のいちばんの特徴である“終わりのない”ふしぎな線画作品と併せて展示予定です。 手描き”から生み出される線画の可能性を広げ、紙に布に描かれた作品をお楽しみいただけると幸いです。


主な作品点数

平面作品(水彩画、染色) … 約120点
小品(カレンダーや便箋などの紙モノ) … 100点〜
絹布の晴雨兼用傘(西陣織) …2〜3点


「arton art gallery」について詳細ページ(外部サイトにリンクします)