学校で、考古資料を見かけませんでしたか。社会科の先生が授業で使ったり、職員室前に賞状と共に展示されていたり、課外活動で生徒自ら調べたり。そんな記憶をお持ちの方は、意外に多いのでは。それでは、なぜ学校にこうした資料があるのでしょうか。本講座では、資料をめぐる多様な来歴から、京都の学校と考古学のつながりを探ります。

■講師:村野 正景(当館学芸員)
■日時:平成28年9月10日(土)
■会場:当館3階フィルムシアター
■時間:10:30〜12:00
■定員:170名
■参加費:500円(ただし、総合展示入場券[半券可]が必要です)※要事前申込み
■申込み方法:
 往復はがきの場合:
 住所、氏名(返信面にも)、電話番号、希望イベント名を明記の上、
 京都文化博物館「ぶんぱく京都講座」係へお送り下さい。
 
 ホームページの場合:
 下記ボタンより申込みフォームに進み、
 希望イベント名をお選びいただき必要事項を入力のうえお申込み下さい。

※お申込み多数の場合は先着順とさせていただきます。1名様毎にお申込みください。