京都和雑貨「菰軒」は、1894年(明治27年)清水焼窯元として京都に生まれました。社名の「菰軒」(こけん)は初代の出身地、淀に菰(こも)が繁っていたこと。軒を借りる、という意味で、貝原益軒先生の「軒」(のき)をもらったことによるものです。

  • ・本館1階ろうじ店舗
  • ・営業時間:10:00~19:30

ふろしき

日常の暮らしの中にも、美しさを愛で楽しんできた日本の生活美学の典型がふろしきと言えます。一枚の布にさまざまな使い勝手を考え、着物を作ることと同じ意識・技術で多彩な柄を染め上げます。環境問題やエコロジーへの関心が高まる今日こそ、用と美を持ったふろしきを日常で活用されてはいかがでしょうか。

風雅の極み香る千年の都京都の持つ美的エッセンス、その風景を豊かな香りに表現しました。伝統を重んじながらもモダンで洗練されたその姿や形、またさりげない愛らしさに心惹かれて…移りゆく古都の風景を、香りと共にお楽しみください。

古都の雅 染と織の伝統美

絹を美しく上品に染め上げた京友禅と、きらびやかな糸使いの西陣織がかわいいお箸になりました。他にも、貝細工をワンポイントにあしらったモダンなお箸や、持ちやすい五角や六角のお箸、太めのお箸もご用意いたしました。ちょっと贅沢なお箸が、食卓や料理をいっそう華やかに引き立てます。伝統という温もり。唯一という贅沢。技を尽くした和のおもてなしです。

京都の和雑貨を豊富に

陶磁器をはじめ、京人形、七宝焼、西陣織小物、京風趣味品等の京都の和雑貨を豊富に取り扱っておりますので、ご贈答品・記念品・国内外のお土産にお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。また、春夏秋冬の期間限定商品なども販売しております。