京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
飲食店は20時30分まで入店できます

別館沿革

京の至宝と文化

ものがたる染織文化財

PastedGraphic-1
▲雪輪草花文様裂 安政7年(1760) 3月銘
■ 会 期:2016年6月11日(土) - 2016年8月7日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室
江戸時代以前の小袖や裂といった染織文化財は、素材が弱い上に使用後に再利用されたりして多くは消えていきますが、墨書などの情報を備えて遺されてきたものも、わずかながらあります。このような貴重な作品をご紹介します。

洛陽三十三所2

33thum
▲十二天像(旧北野社多宝塔扉絵) 椿寺地蔵院 通期
■ 会 期:2016年6月11日(土) - 2016年8月7日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室
かつて京都において、三十三所の観音菩薩を巡礼するという信仰がありました。2005年に再興された観音霊場が所蔵する名品を展示します。

世界考古学会議京都(WAC-8)開催記念
京都府内の学校所蔵考古・歴史資料展

post_thumbnail
■ 会 期:2016年8月13日(土) - 2016年10月9日(日)
■ 会 場:
世界でも稀な日本の学校のユニークな取り組みとして、教員や生徒による考古学研究の歴史や成果を紹介します。

京都府コレクション 池大雅

post_thumbnail
■ 会 期:2016年10月15日(土) - 2016年12月11日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室
江戸時代中期を代表する文人画家、池大雅に関するすぐれた書画作品や資料の数々をご紹介いたします

陽明文庫6

post_thumbnail
▲春日権現霊験記絵巻 巻第十六  陽明文庫蔵
■ 会 期:2016年10月15日(土) - 2016年12月11日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室
公家の名家、近衞家に伝わった平安時代以来の貴重な資料の中から、国宝「御堂関白記」を始めとする選りすぐりの名品を紹介します。

日本の表装

post_thumbnail
▲「明恵上人書状」(個人蔵) 鎌倉時代前期
■ 会 期:2016年12月17日(土) - 2017年2月19日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室
 古来、東洋では書や絵画作品、時に古文書などが掛軸(掛幅)という独特の形で伝えられてきました。掛軸の仕立てに込められた先人達の美意識、知恵と技術の粋をご紹介します。

京都府コレクションにみる武家の服飾

post_thumbnail
▲瀧春景文様単衣 江戸時代後期
■ 会 期:2017年2月25日(土) - 2017年4月23日(日)
■ 会 場:
京都府所蔵の資料より、江戸時代の武家の服飾文化をご紹介します。四季の花や有職文様が施された女性の小袖の、公家の女性とも富裕な町人の女性とも違う様子をお楽しみいただきたいと思います。また、素襖(すおう)や裃(かみしも)といった、これまで展示の機会の少なかった男性の服飾もご紹介したいと思います。

ユネスコ記憶遺産登録記念 東寺百合文書

post_thumbnail
■ 会 期:2017年3月1日(水) - 2017年4月23日(日)
■ 会 場:
2015年、京都府立総合資料館が所蔵する東寺百合文書がユネスコ記憶遺産に登録されました。本展では世界屈指の歴史資料である東寺百合文書の魅力を紹介します。
ページの先頭へ