京都府京都文化財団

京都文化博物館

京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
飲食店は20時30分まで入店できます

別館沿革

京のまつり

祇園祭-芦刈山あしかりやまの名宝-

ashikariyama2016_0
▲胴懸 燕子花図 綴織 尾形光琳原画(後期)
■ 会 期:2016年10月29日(土) - 2017年1月15日(日)
■ 会 場:2階総合展示室「京のまつり」
 芦刈山は、「芦刈」という物語に取材した意匠を持つ山で、別れた夫と再会する妻の夫婦和合の姿がモチーフとなっています。御神体人形は芦を刈る翁の姿で、その周囲には芦が立てられ一面の芦原を表現しているのも芦刈山の特徴のひとつです。  芦刈山を出す芦刈山町(下京区綾小路通西洞院西入)には、天文6年(1537)の墨書銘が残る御神体人形の頭が現存し 、また御神体衣裳の「綾地締切蝶牡丹文片身替小袖」にも天正17年(1589)の銘がみられるなど、長い祇園祭の歴史と伝統を体現する貴重な品々が大切に伝え残されてきています。  今回の展覧会では、芦刈山が持つ貴重な文化財の中から、選りすぐった品々を公開し、その魅力を紹介します。この展覧会を通じて祇園祭の歴史や文化の奥深さの一端に触れていただければ幸いです。

祇園祭-岩戸山の名宝-

post_thumbnail
▲岩戸山後懸 中東連花葉文様 インド絨毯
■ 会 期:2017年1月21日(土) - 2017年4月2日(日)
■ 会 場:2F 総合展示室
岩戸山は、日本で最も有名な神話である「国生み」と「天の岩戸」の二つの物語を題材にしています。本展覧会では、岩戸山の所有する名宝の数々を紹介してゆきます。
営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
飲食店は20時30分まで入店できます

別館沿革
ページの先頭へ