京都府京都文化財団

京都文化博物館

京都府京都文化博物館

公益財団法人京都文化財団

営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
営業時間は店舗によって異なります。
詳しくはこちら→店舗のご案内

別館沿革
店舗情報

過去の企画展

世界考古学会議京都(WAC-8)開催記念
アートと考古学展 〜物の声を、土の声を聴け〜

thum0614
▲平安宮内裏跡出土の中国製青磁花瓶 北宋代 京都文化博物館蔵
■ 会 期:2016年7月23日(土) - 2016年9月11日(日)
■ 会 場:3F 総合展示室
 “考古学のオリンピック”世界考古学会議が京都にやってきます。世界遺産の発掘担当者や人類の宝を預かる博物館学芸員をはじめ、考古学に関心をもつあらゆる人々が4年に一度集まり、考古遺産の過去・現在・未来に関わる様々なトピックスついて、広く交流し、熱い議論を交わします。このトピックスの一つとして注目を集めるのが「アートと考古学」です。
 「アートと考古学」は、考古学をより多くの人々に開放し、その楽しみ方を再発見したり、もっと魅力や価値を高めようとしたりする運動の一つで、とくに芸術(家)と考古学(者)のコラボレーションによる様々な取り組みを指します。近年、このアートと考古学という異色の出会いが、文化遺産の世界で新たな魅力や価値観を創造しつつあります。いまや世界的潮流となったこのアートな動きから、どんな作品が生み出され、どんな新しい楽しみ方が提案されているのでしょうか。本展では、こうした世界の動きを踏まえつつ、京都を中心とした「アートと考古学」の取り組みをご紹介します。

江戸の植物画

【通期】「百椿図巻」(京都府立総合資料館蔵 京都文化博物館管理) 寛文11年(1671)
▲「百椿図巻」(京都府立総合資料館蔵 京都文化博物館管理) 寛文11年(1671)
■ 会 期:2016年4月29日(金) - 2016年6月26日(日)
■ 会 場:3F 総合展示室
 中近世の日本は、世界中を見渡しても、恐らく最も植物に魅せられた国の一つでしょう。有用・有害な植物を見分けるために人々は植物を絵に記録し、またその無限の美しさや面白さを、絵や意匠で高らかに表現しました。本展示では主に江戸時代以前の典籍、絵画を中心に御覧頂きつつ、植物を愛した日本文化の一面をご紹介します。

創立70周年記念 京都工芸美術作家協会展

名称未設定-1
■ 会 期:2016年3月1日(火) - 2016年3月27日(日)
■ 会 場:3F 総合展示室
京都工芸美術作家協会は、部門や会派、また個人の主義主張を超えた作家団体として、戦後の工芸美術界をリードしてきました。このたび創立70周年を迎えるのにあたり、染織、陶磁、漆、金工、人形など多岐にわたる協会員の作品を一堂に集め、現在の京都の工芸の神髄ともいうべく工芸美の世界を紹介します。

日本のふるさと 大丹後展

丹後展01
▲青龍三年銘方格規矩四神鏡 重文
■ 会 期:2015年12月5日(土) - 2016年1月17日(日)
■ 会 場:3F 総合展示室
丹後の至宝を一度に通覧できる初めての総合展覧会です。古代から現代まで高い技術力を誇る「ものづくり」や国内外との活発な「交流」、浦島や鬼退治などの多彩な「伝説」、古代から崇められてきた「霊地」の4つをテーマに丹後の魅力を紹介します。京都縦貫自動車道により身近になる丹後をご堪能下さい。

千總460年の歴史 ―京都老舗の文化史― 

chiso1
▲重要文化財 円山応挙筆 寛政7年(1795)千總蔵 保津川図屏風(右隻)
■ 会 期:2015年1月6日(火) - 2015年2月11日(水)
■ 会 場:3F 総合展示室・千總ギャラリー
1555年に法衣業を創始した初代千切屋輿三右衛門を祖とする千總が創業460年を迎えます。室町時代から続く老舗の歴史を辿るとともに円山応挙等優れたコレクションを展示。

京都府所蔵品による 京・食・美 〜食をめぐる表現〜

kyoshokubi01
▲大村廣陽「柿干し風景」
■ 会 期:2014年10月4日(土) - 2014年11月24日(月)
■ 会 場:3F 総合展示室
営業日カレンダー アクセス
開館情報 アクセス

■総合展示
10時-19時30分(入場は19時まで)
■特別展
10時-18時
*毎週金曜日は19時30分まで延長
 (入場は30分前まで)
■別館
10時-19時30分(各種イベント時は別)
■ろうじ店舗
飲食店は20時30分まで入店できます

別館沿革
店舗情報
ページの先頭へ