二十四孝のひとり郭巨の物語を題材にした趣向の山

▲胴懸 「陳平飼虎図」刺繍 石田幽汀下絵
天明5年(1785)重要有形民俗文化財 (前期)

 郭巨山は、京都市下京区四条通西洞院東入の郭巨山町から祇園祭の山鉾巡行に参加する山です。郭巨山の趣向は二十四孝のひとりである郭巨の釜掘りの故事にちなんだもので、その由緒から「釜掘り山」とも呼ばれてきました。
 郭巨山は、日覆いの障子屋根が取り付けられており、また欄縁の下に乳隠という華やかな宝相華文様を施した板絵が装着されるなど、他の山鉾とは異なる独自の意匠を有しているのが特徴です。そのほかにも郭巨山には、江戸時代中期の著名な絵師である石田幽汀の下絵による胴懸(「陳平飼虎図・刺繍」と「呉道子描龍図・刺繍」)など歴史と伝統を伝える装飾品が数多く伝来しています。
 郭巨山のしつらえからは、町の歴史や暮らしに根ざした祇園祭の真髄の一端がうかがえます。今回の展示を通じて郭巨山の魅力を堪能していただきますと共に、祇園祭のもつ歴史や文化の奥深さに触れていただければ幸いです。

基本情報

会 期:
2019年1月19日(土)〜3月31日(日)
前期 1月19日(土)〜2月17日(日)
後期 2月20日(水)〜3月31日(日)
休 館 日:
毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
(祝日の場合は開館、翌日休館)
会 場:
京都文化博物館 2階総合展示室「京のまつり」
開館時間:
10:00~19:30(入室は19:00まで)
入場料:
一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*上記料金で、総合展示と3階フィルムシアターがご覧いただけます
主 催:
京都府、京都文化博物館
協 力:
公益財団法人郭巨山保存会、公益財団法人祇園祭山鉾連合会

郭巨山と郭巨釜掘りの物語

 郭巨山の趣向は、中国で孝行に尽くした24人の物語を集めた『二十四孝』から「郭巨」を題材としています。郭巨は後漢の時代の人物で、彼は貧しさのため年老いた母と三歳になる息子を共に養う事が困難になります。郭巨は母への孝養を尽くそうとすれば子を養う事ができず、また子を養うためには老母への孝行を果たす事ができないと思い悩みますが、母は唯一無二であるからと遂に子を棄てる事を決意します。そして郭巨は、子を埋めるために鍬で穴を掘ります。すると地中から黄金の釜が出てきます。釜は郭巨の母への孝行の心に感心した天からの贈り物でした。黄金の釜を得た郭巨は、子を棄てる事なく母への孝養を尽くしたといいます。
 郭巨山には、鍬を持った郭巨の姿が再現されており、またその傍には黄金の釜も置かれています。我が子を犠牲にしてでも母を守ろうとした郭巨の物語は都の人びとにも広く知られており、郭巨山は「釜掘り山」とも呼ばれ親しまれてきたのです。


▲御釜 重要有形民俗文化財(前期)

▲見送「慶寿詩文」中国刺繍 寛政4年(1792)(後期)

▲見送「日輪双鳳額唐山水人物図」綴織 円山応震下絵 文化13年(1816)重要有形民俗文化(前期)

▲御神体旧衣裳(郭巨) 寛永18年(1641)(前期)

▲胴懸「春雪」綴錦 上村松篁原画 昭和62年(1987)重要有形民俗文化財(後期)


主な出品資料

資料名時代指定等展示期間
見送「慶寿詩文」中国刺繍寛政4年(1792)後期
見送「日輪双鳳額唐山水人物図」綴織 円山応震下絵文化13年(1816)重要有形民俗文化財前期
見送「万葉の春」綴錦 上村松篁原画平成6年(1994)重要有形民俗文化財後期
前懸 中央・婦女嬉遊図刺繍 周囲・波濤鳥文様刺繍補子天明5年(1785)重要有形民俗文化財前期
胴懸「陳平飼虎図」刺繍 石田幽汀下絵天明5年(1785)重要有形民俗文化財前期
胴懸「呉道子描龍図」刺繍 石田幽汀下絵天明5年(1785)重要有形民俗文化財前期
前懸「秋草」綴錦 上村松篁原画昭和53年(1978)重要有形民俗文化財後期
胴懸「花の汀」綴錦 上村松篁原画昭和57年(1982)重要有形民俗文化財後期
胴懸「春雪」綴錦 上村松篁原画昭和62年(1987)重要有形民俗文化財後期
御神体旧衣裳(郭巨)寛永18年(1641)前期
御神体衣裳(童子)重要有形民俗文化財前期
牡丹造花大正15年(1926)重要有形民俗文化財前期
唐団扇重要有形民俗文化財前期
郭巨持物 鍬 漆塗銀蒔絵重要有形民俗文化財前期
御釜重要有形民俗文化財前期
欄縁 黒漆塗桜桐菊文様鍍金金具付明治23年(1890)重要有形民俗文化財前期
欄縁 黒漆塗雲形厚板鍍金金物付明治11年(1878)後期
乳隠 金地彩色宝相華文様明治23年(1890)重要有形民俗文化財後期
見送上部飾金具 鉄線唐草文様鍍金明治22年(1889)重要有形民俗文化財後期
見送裾部飾金具 窠巴紋鍍金昭和56年(1981)重要有形民俗文化財後期
角飾金具 牡丹文様鍍金明治23年(1890)重要有形民俗文化財前期
轅先金具 釜鍬文様明治23年(1890)重要有形民俗文化財通期
五鈷鈴昭和32年(1957)重要有形民俗文化財後期
くじ箱前期
扁額「郭巨山」 清水六兵衛筆後期
掛軸「祇園牛頭天王」前期