黄金色に輝く八幡神を祀る社を載せる山

 八幡山は、京都市中京区新町通三条下ルの三条町から祇園祭の山鉾巡行に参加する山です。八幡山は町内で祀られてきた八幡社を搭載する山で、巡行の際には朱鳥居に黄金の社殿が美しく映え、沿道の人びとを魅了してきました。
 八幡山には、波濤に飛龍文様の刺繍を施した中国伝来の見送や、嬉遊婦女図に日輪鳳凰文額のついた見送、そして3枚の昇龍文様の綴織をつないだ胴懸など、近世後期の優れた懸装品が多く伝え残されています。また飾金具にも八木奇峰の下絵による霊芝文様の見送裾金具や笹文様の轅先金具など、目を引く品物が数多く伝来しているのが特徴です。
 八幡山の所蔵品を通じて、その魅力を堪能していただきますと共に、祇園祭のもつ歴史や文化の奥深さに触れていただければ幸いです。

基本情報

会 期:
2018(平成30)年10月27日(土)〜2019(平成31)年1月14日(月・祝)
前期 10月27日(土)〜11月25日(日)
後期 11月28日(水)〜1月14日(月・祝)
休 館 日:
毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
※但し11月27日(火)は展示替えのため休室
※12月28日(金)から平成31年1月3日(木)までは年末年始のため休館
会 場:
京都文化博物館 2階総合展示室「京のまつり」
開館時間:
10:00~19:30(入室は19:00まで)
入場料:
一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*上記料金で、総合展示と3階フィルムシアターがご覧いただけます
主 催:
京都府、京都文化博物館
協 力:
公益財団法人八幡山保存会、公益財団法人祇園祭山鉾連合会

八幡山と祇園祭礼図屏風

 祇園祭の山鉾巡行が行なわれる前夜を宵山といいます。前祭では7月14日から16日までの3日間が宵山で、後祭では21日から23日までが宵山です。宵山では、山鉾町やその周辺の家々で家宝の屏風などを家のミセノマ(店の間)や座敷に飾り、道行く人の眼を楽しませるという習慣があります。これは「屏風祭」と呼ばれており、祇園祭宵山の呼び物のひとつです。八幡山を出す三条町では、特に屏風祭が華やかに行なわれ、昔ながらの風情を楽しむことができます。
 宵山に三条町で拝見できる屏風の中でもとりわけ目を引くのが「祇園祭礼図屏風」です。六曲一隻の屏風には、金雲によって巧みに画面が分けられ、上段には後祭の巡行をする山鉾が四条通りを西へと向かう様子が描かれ、下段には三条通りを東進する三基の神輿が描かれています。この屏風の作者は海北友雪(1598―1677)。桃山時代の高名な絵師、海北友松の息子です。絵師友雪の円熟期に描かれたこの屏風は、往時の祇園祭の様子を伝える資料としても貴重なものです。近年精巧な複製が製作され、その技術の素晴らしさもまた八幡山の屏風祭の見どころとなっています。


▲祇園祭礼図屏風 海北友雪筆 明暦年間(1655〜58)京都市指定文化財 前期

▲見送 嬉遊婦女園の図 番い鳳凰額
 中国綴織掛物 天明5年(1785)
 重要有形民俗文化財 前期

▲見送 波濤に飛龍文様中国絹紋織官服直し
 宝暦年間(1751~64) 後期

▲(上)水引 金地花鳥堂閣図刺繍/(下)金地鹿図刺繍 前期 文化6年(1809)

▲額「八幡山」木製漆箔
 寛文元年(1661) 前期

▲鳩(旧)江戸時代 後期


主な出品資料

資料名時代指定等展示期間
見送 嬉遊婦女園の図 番い鳳凰額 中国綴織掛物天明5年(1785)重要有形民俗文化財前期
見送 波濤に飛龍文様中国絹紋織官服直し宝暦年間
(1751〜64)
後期
見送 慶壽裂 八僊図元禄3年(1690)後期
胴懸 昇龍文様綴織 三点継文化元年(1804)/文化11年(1814)重要有形民俗文化財後期
前懸 平和の鳩図綴錦昭和32年(1957)重要有形民俗文化財後期
前懸 紺羅紗地唐獅子図刺繍元文5年(1740)前期
胴懸 紺羅紗地麒麟図刺繍元文5年(1740)前期
水引 金地花鳥堂閣図刺繍文化6年(1809)前期
水引 金地鹿図刺繍文化6年
(1809)
後期
八幡宮祠天明年間
(1781〜89)
重要有形民俗文化財前期
木彫漆箔法相華文鳳凰文見送飾天保8年(1837)重要有形民俗文化財後期
木彫漆箔花丸文様角飾房掛天保8年(1837)重要有形民俗文化財前期
木彫漆箔松皮菱文様角飾房掛天保8年(1837)重要有形民俗文化財前期
岩文彫金角飾房掛金具天保9年(1838)重要有形民俗文化財前期
霊芝文様見送裾飾房掛金具天保9年(1838)重要有形民俗文化財後期
笹文轅先金具天保9年(1838)重要有形民俗文化財後期
雲鶴文欄縁金具天保9年(1838)重要有形民俗文化財後期
祇園祭礼図屏風 海北友雪筆明暦年間(1655〜58)京都市指定文化財前期
祇園祭礼図屏風(複製)平成23年(2011)後期
文箱 2点元禄17年(1704)/文政7年(1824)前期
鳩 (新・旧)(旧)江戸時代/(新)平成24年(2012)後期
額「八幡山」木製漆箔 2点寛文元年(1661)/天保9年(1838)重要有形民俗文化財前期
矢 伝・島左近所用安政4年(1857)奉納前期
掛軸「八幡大神」前期